国学院 大学 陸上 部。 駒澤大学陸上競技部

net 次スレです 國學院大學陸上競技部(国学院大学) Part33 968 : スポーツ好きさん アウアウウー 106. また、名門として名高い同校の陸上競技部ですが、強さだけを追い求めるのではなく、精神的な成長や絆を大切にした指導が行われています。 ほかにも、昨年10月の全国高校大会5000mで3位、高校駅伝1区6位の梶谷優斗(滋賀学園高・滋賀)、14分00秒03の五十嵐喬信(水戸工高・茨城)など実力者ぞろい。 細森は蜂須賀不在だった昨年の予選会で良い走りを見せて、関東学連選抜に選出された。 徳田 航也 学部・学年 経済学部 2年次生 出身校 宝塚 出身地 兵庫 自己ベスト 800m - 1500m - 3000m - 3000mSC - 5000m 15分56秒23 10000m 32分29秒86 ハーフマラソン 1時間13分10秒• これは2019年までの高校記録を上回っている。 14分03秒41の平林清澄(美方高・福井)、14分04秒93の中川雄太(秋田工高・秋田)もいる。
32
net 完璧なエントリーだね 往路優勝いけるぞ! 1001 : スポーツ好きさん スップ 1. 特に、高校男子の長距離は、強化指定クラブにもなっている強豪クラブです。 1区を任された全日本大学駅伝では国学院新記録を樹立、11月の記録会では10000mの自己ベストを30秒以上更新するなど、いい流れを掴んでいる選手だ。 種目 氏名 学年 タイム 5000m 1組 三潟 憲人 1年 14'24"40 自己ベスト 中西 大翔 3年 14'27"04 坂本 健悟 3年 14'27"09 自己ベスト 川崎 康生 3年 14'27"26 相澤 龍明 4年 14'27"41 自己ベスト 松延 大誠 4年 14'34"63 沼井 優斗 1年 14'36"66 原 秀寿 1年 14'37"21 河野 涼太 2年 14'50"92 木村 文哉 1年 14'58"92 原 拓巨 4年 15'02"40 阿久津 佑介 3年 15'05"26 西槇 優祐 3年 15'13"99 5000m 2組 松下 裕介 2年 14'48"22 自己ベスト 佐藤 駿人 2年 14'55"79 西山 哲平 2年 15'00"37 宮本 大生 3年 15'05"53 椎木 幹太 1年 15'10"47 永谷 連太郎 3年 15'16"57 浅井 大登 2年 15'21"25 奥山 颯斗 1年 15'35"46 5000m 多摩川会 鈴木 景仁 2年 14'45"33 田高 永輝 2年 14'51"35. 2年時のインターハイと国体、3年時の全国高校大会ですべて入賞しており、大舞台での安定感がある。 木付も中盤からロンスパしたけど最後失速して坂本らに捲られる 平林は終盤に勝負をかけるがラストの直線で中学の主力に刺された。 net 土方、浦野、青木、茂原 河東、高嶌、藤村、森 木付、島崎、殿地、藤木 川崎、中西大、中西唯 あと1枠は田川、坂本が有力。 13分48秒89の山本歩夢(自由ケ丘高・福岡)は、国学院大に入学する初の13分台ランナーで、2年時にインターハイ1500mで決勝に進んだスピードも魅力。 早生まれの伊藤はこの記録を出した昨年11月当時17歳で、U18日本記録保持者となった。 育成力に定評があるチームで、14分30~40秒台の選手たちがどんな成長を見せるか注目したい。 ここから5年連続で本戦出場を成し遂げる。 東海大と東京国際大に13分台ランナーが2人 今年の箱根駅伝でシード権を手にした各校には、好選手がそろった。
2