善く 生きる と は。 「善く生きる」とは一体どういうこと? 実は身近で役立つ東洋思想――今も活きる「中国4000年の知恵」

中高年ともなれば、作られたものに乗っかるばかりではなく、自ら作りだしていくという観点で歩み始めてはどうでしょうか。

つまり以下です。

最近、ソクラテスのこんな名言を発見した。 皆さんが「より善く生きる」ことのできる力を育めるよう願っています。 ここでソクラテスのいう「善く生きる」がちょっと見えてくるのですが、「正しい(善い)」ことをすべきである、というような感じです。 スポンサーリンク 「善く生きる」という生き方の核心としての魂への気遣い プラトン著『 ソクラテスの弁明』の中で、ソクラテスは、自分が今まで行ってきた 哲学探究の活動がどのようなものであり、それがいかなる意味で 善なる生き方に適った行いであるのか?ということについて以下のように語っています。 まとめると哲学者バンザイになってしまうような気もして頭が痛いのですが・・・。 ぼくはこれを、善く生きるとは言わないのではないかなと思います。 議論があると思うので倫理学の論文とか読むといいかもしれません。 私達は、常に「無知の知」を自覚し、善悪を判断する「知」を持つ様に心がける必要がある。 神に対する 私のこの奉仕以上に大きな善がこの国で行われたことがいまだかつてなかったということを。