ビリオン ロード 評価。 Steam版『ビリオンロード』評価は「ほぼ好評」:桃鉄タイプのデジタルボードゲーム【新作レビュー】日本語化不可

アイテムは他にも所持金を使って購入することも出来るので、財布と相談しながらこれらを計画的に購入、利用して誰よりも早く目的地に向かう。

絶対人間とやったら面白い部分ですよね。

テンポの悪さ、映像が飛ばせないなどの問題点を修正したら良作になりえると思いますので、今後のアップデートに期待したいです。

下記リンク「Amazonで調べる」からAmazonレビューをご覧ください。

桃鉄よりも控えめですね。

序盤はとにかく、モンスターのメリットを理解するために、新規に見つけたモンスターを順次入れ替えて試しておくと、その後のプレイが楽になる。

・モンスターを3体まで仲間にすることができ、このモンスターの能力によってサイコロを振り直せたり、特定のマスに止まった時の金額を変動させたりと、(制限はあるが)ある程度モンスターによるメリットを得ることができ、時々現れる巨大モンスターの撃退にも役立ってくれるため、どのモンスターを仲間にしておくといいか考えながら組み替えていくのが楽しい。

苦しくも。

なお、トリツキ種がついた状態で他のプレイヤーと同じマスに入るかすれ違うと、そのプレイヤーにトリツキ種をなすりつけることができます。

ジェネリック桃鉄なんて言われてるみたいですね」 私「凄い表現だ」 M「イラストはどっちも土居孝幸なので、ビジュアルの印象は強いと思いますけど、割と桃鉄とも違った感じしましたけどね」 私「次の桃鉄はテイスト変わってますね」 O「見ました。

うちにニーズではないのですが、オンラインプレイがないのがガチ勢には物足りないかもしれませんね。

19

時間の無駄も実感でき、睡魔にも襲われます。

問題は課題点ですよね。

もちろん貧乏神のようにデメリットのあるモンスターもいます。

そして3種類目のモンスター「テンテキ種」は『桃鉄』で言うところのドジラ、ミミラにあたり、出現した地方で暴れまわってその地方に物件を持っているプレイヤーに甚大な被害をもたらす。

あとイベントは桃鉄よりちょっと少なめかなという印象ですね。

もちろん、子供たちとプレイするにはちょうど良いのですが、大逆転を狙うことを考えるとカタストロフィが起きないのはちょっと。

40