スペイン 風邪 収束 期間。 コラム:パンデミックが生む長期株高 過去の歴史が再現か=木野内栄治氏

スペインかぜ、流行は3回・収束には2年かかった スペインかぜは世界人口の 4人に1人が感染しました。

2020年7月7日閲覧。

1968年の香港風邪の後の香港・ハンセン指数は、香港風邪のパンデミック直前の安値から6年間で30倍にも急騰した。 理論上は、ジャスミンが感染する可能性もまだあり得る。 その後、インフルエンザは米国全土に拡大する。 当時の米国は新興国から経済覇権国に移行する局面で、その自動車産業集積の地で感染症が流行した様相は、今回の新型コロナウイルスの経緯と類似している。 Releve Epidemiologique Hebdomadaire 80 49—50 : 428—431. 影響 [ ] 日本ではスペインかぜをきっかけに、それまで医療従事者にしか用いていなかったが一般人にも普及するようになった。
24
しかし春になって気温が上昇すると一旦収束しました 第一波は1918年3月にアメリカのデトロイトやサウスカロライナ州付近で発生し、米軍の欧州進軍とともに大西洋を渡り、5~6月にヨーロッパで大流行しましたが、WHOは「特に致命的なものではない」と説明していました
例えば、1918年から1919年にかけ世界的に猛威を振るったスペイン風邪は、米国デトロイトが集団感染の中心の1つとなった その後ウイルスは急速に世界へと広がり、エピデミック(流行)がパンデミック(爆発的流行)へと発展したのです
藤原 スペインかぜが広まるきっかけとなった第一次大戦は「フード・ウォー」とも言われており、食糧が戦争の勝ち負けを決める重要な要素でした 第2波 1918年8月— [ ] 1918年8月の後半、変異により毒性の高まったウイルスの流行が、アメリカのボストン、フランスの、のという3つの港湾都市でほぼ同時に発生し、パンデミックの第2波が始まった
藤原 スペインかぜも新型コロナも、どちらもウイルスが原因であり、地球規模に広がったこと、巨大な船で集団感染を引き起こしたこと、対策の初動が失敗したことなどの共通点があります 2020年1月以降の()は一向に衰える気配を見せず、全世界で流行の拡大が続いています
2020年7月24日閲覧 7) 感染者:241万人 死者:12万8000人 死亡率:5. ところがその11日後、市は戦勝パレードを決行し、20万人が参加した
1918年9月にはインド、10月には中国と日本にまで到達した 特にマスクの重要性を指摘しており、同年11月に感染者が減ったことでマスクの義務化を止め、学校などを再開すると感染者が再び増えたことが記されている