フリッツ ハンセン。 Ant chair Wood(アントチェア ウッド)/ FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン) / Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)

発表当時のセブンチェアは、ブラックカラーのみでしたが、現在は12色の豊富なカラーバリエーションから選択することができるようになっています。

豊富なカラーバリエーションを利用した組み合わせを楽しんだり、アリンコチェアやグランプリチェアなど他のヤコブセン氏のチェアと組み合わせもおすすめです。

オリエントのランプシェードは、木製の型を使い手作業で作られており、その優れた技術によって、その特徴的なフォルムが作られています。

フリッツ・ハンセン のおすすめ椅子 あらゆるシーンにマッチする不動の名作:セブンチェア 1955年に、アルネ・ヤコブセンによりデザインされたセブンチェアは、フリッツ・ハンセン社を代表するベストセラーであり、生誕65年を過ぎた今もなお世界中で愛用されている有名なチェアです。

1956年には、デンマーク国内初の高層ビルである「SASロイヤルホテル」(現・ラディソンブルーロイヤルホテル)の建物設計からインテリアデザイン、照明やドアノブ、食器類などの細部までを一貫して手がけており、このホテルのためにデザインされた、「スワンチェア」や「エッグチェア」もまた、フリッツ・ハンセンから現在も購入できるようになっています。

ゲストハウスの方がいろいろ情報を教えてくれて丸亀を満喫されたようでした。

そのうちの1つ「フリッツ・ハンセン庵」について、前回から複数回にわたってご紹介しています。

1958年にポール・ケアホルムによってデザインされた「PK31ソファ」は、高品質な素材と、その素材の特性を生かす、ポール・ケアホルムを代表的な作品の一つです。

47
フリッツ・ハンセン庵から歩いて1分で笠島港に出ます。 1952年にデザインされた「アリンコチェア」の不足している部分を補う後継モデルとして誕生したセブンチェアは、アリンコチェアより一回り大きな背と座を持ち、より安定感と座り心地が追求されたデザインとなっています。 使いやすい「スーパー楕円」のテーブル:TABLEシリーズ スーパー楕円 1968年に「ピート・ハイン」「ブルーノ・マテソン」「アルネ・ヤコブセン」の3名によってデザインされたテーブルシリーズの中でも、最も有名なスーパー楕円型のテーブルです。 まとめ フリッツ・ハンセン庵がついに完成しました。 中を見ると、長く人が住んでいなかった古い空き家が、北欧インテリアのチカラでこんなにも息を吹き返すことができるのかと驚きます。 この形は、ハイン氏がデザインしたメキシコオリンピックスタジアムでも採用されており、このテーブルもロータリーの形からインスピレーションを得て、マテソン氏とヤコブセン氏がベースデザインに協力して作られました。 遠方からのお客様でしたが、CONNECTのインスタをフォローしてくれていて、「インスタを見て来ました」とおっしゃってくれました。 スチール製の特徴的な形の脚部は、テーブルにモダンな個性を与えながらも主張しすぎないプレート型で、木材と金属の組み合わせのテーブルでありながら、相反する素材が調和するモダンで品の良い印象を持っています。 ウッドデザイン賞• 才能あふれる各時代の気鋭デザイナーと協業し、その高い要望に応え続けるクラフトマンシップが現在のFritz Hansenを作り出した大きな要素の1つ。
33 46