しら ほし。 しらほし (しらほし)とは【ピクシブ百科事典】

男の子=黒ひげ(プルトン) 3つの古代兵器の正体が「ルフィ」「黒ひげ」「しらほし」であるとすると、思い当たるのが聖地マリージョアでの以下のシーンです さらに、「モーゼ」とは 神の命令に従って民を導いた 救世主的存在です
: 概要 王ので「」と呼ばれる ポセイドンが描かれているということは、プルトンとウラヌスについてのヒントも描かれているということになり戦艦らしきものがプルトン、空に浮いているものがウラヌスではないかと言われています
しかし、 ウラヌスの正体に関する伏線は、ワンピース本編にしっかり描かれています 遠い昔に実在した (66巻650話) というわけで、全てが謎である古代兵器ウラヌス
そして注目したいのは、この扉絵に描かれた不自然な木の形です また、「天」をも味方につけ、天候を操ることもできる
私の予想ではこの100年はDの一族が深く関わっており、それを現在の天竜人が支配しその存在自体を抹消したということではないかと思います 559話を見ていくと、ルフィが 「天に生かされる」という経験をしたローグタウンでの話題が持ち出されています
海の森で念願であった母の墓参りを済ませると、に捕えられた父を救出するべくルフィ達と共にギョンコルド広場に乗り込む 尾田 栄一郎「ONE PIECE」66巻扉絵/集英社 以前の考察で 「竹を割ったら精霊が現れた」というセリフが 「かぐや姫」を表しているとし、トンジットは「月からやってきた人」を表していると考察しました
1

ルフィ自身が元泣き虫だから昔の自分を見るみたいで嫌だったんでないの -- 名無しさん 2013-11-16 23:47:28• この「反乱(うねり)」とは19巻172話のタイトルになっていますが、その172話にこんなセリフがあります。

という言い伝え」 引用: ワンピース63巻626話 この言い伝えはリュウグウ王国の「王族に伝わる伝説」の一部ですが、海王類が約束の船「ノア」について、「直るといいね 約束の時までに」と発言しているように(66巻648話)、 世界に起こる「大きな変化」を海王類も待っていることが分かります。

尾田栄一郎「ONE PIECE」11巻99話/集英社 これは、ローグタウン編で描かれた ルフィを救う雷。

「ルフィ」「黒ひげ」「しらほし」が3つの古代兵器の正体であるとすると、その理由を説明することができます。

尾田栄一郎「ONE PIECE」56巻551話/集英社 バギー「シューワッキーマッセーリー」 囚人「あんた実は! デッケンが飛ばした方舟「ノア」を島から逸らす為、自ら囮になる。

数年に一まれるといわれる王類と会話のできるであり、その正体は のためで である。

古代兵器ウラヌスのキーワードは「救世主」「天からの光」「天の使い」である。

カリブー経由でカイドウがしらほしの存在に気づいてる可能性もあるんだよな もし、気づいていたら絶対利用しようとするな -- 名無しさん 2018-01-19 21:42:10• Shantaeのギガマーメイドといい勝負だな -- 名無しさん 2017-01-21 02:51:29• 父はリュウグウ王国国王ネプチューンで母は同王国王妃オトヒメ。