親子 丼 白 だし。 低糖質!ふわとろ親子丼! レシピ・作り方 by doonext|楽天レシピ

28
切った鶏肉は 『前もってまとめて煮ておくこと』がポイントです。 次に、筋に対して直角にそぎ切りにすることで、やわらかく食べやすい仕上がりに。 黄身を割って全体に絡ませながら食べれば、またひと味違った親子丼が楽しめます。 鶏肉のサイズはひと口で食べられる大きさを目安に。 全部入れたら、卵がまわりから固まってくるので、かたまったものを箸でやさしく中央によせて火を止めます。 「鶏肉はまず、筋に対して平行に3等分に切ります。 次に、筋に対して直角にそぎ切りにすることで、やわらかく食べやすい仕上がりに。 やさしく滋味深い味わいで、あっという間に平らげてしまいます。 鶏肉はやわらかく、味がしっかりついており、ふわとろの卵や香りのいい三つ葉、もみ海苔と一体となって止まらないおいしさ。 まとめて煮ておけば人数が増えたときでも味がぶれず、スピーディーに作ることができます。
45
別にしておいた卵黄は具材を器に盛り付けてから、最後にのせます 器にごはんを盛り付け、7をのせ、かいわれ大根を飾ったら完成です
箸で調味料とひき肉をしっかり混ぜ合わせてから火にかけます なので、鍋にひき肉を入れて、Aの調味料をすべて合わせます
卵白の方が卵黄と比べて火が入りづらく、だしを含みやすいのが特徴 みりん…大さじ2• シンプルだからこそ、ちょっとした手間をかけるだけで、仕上がりに大きく差が出る親子丼
それでは、実際にレシピを見ていきましょう 卵…2個• この下処理が、味のポイントになります」 2. 卵白のコシを切っていたら、勝手に黄身が割れてしまったくらいがちょうどいい目安です」 6. それから火を止め、5〜6分そのまま味をなじませます(すぐに卵でとじるよりも鶏肉に味がしみ、美味しくなります!)• お玉で半熟に近い卵と煮汁を半量ずつ、あつあつのご飯にのせていただきます
【応用編】黄身の後のせもおすすめ! 柬理シェフにもうひとつ、おすすめの作り方を教えてもらいました それは基本の作り方ので、卵黄を1個分だけ別にしておき、後からのせる方法です