ドラえもん アニメ。 ドラえもんの最終回

上梨を選んだ真佐美ジュンは、その理由として「人柄も他人の面倒見も良く、穏やかだが一つ作品に入り込むと妥協を許さない」と述べており、日本テレビ動画で若手を育てようと将来の夢を語ってチーフディレクターに迎え入れたという。

78

ドラえもん1時間スペシャル」(17:30 - 18:30)として放送。

(参考2) 「ドラえもん」作品の中には、現代日本の生活や習慣が描かれており、「アニメ文化大使」に相応しいとの「アニメ文化大使諮問委員会」(参考3)での議論を受け、日本動画協会及び画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)の協力を得て、「アニメ文化大使」として初めて選定した。

自転車に乗れるようになる道具を出してと安直にドラえもんに頼ろうとするが、ドラえもんはそれを冷たく突き放し、「 ぐずぐずいってるひまに、練習したらどうだっ! は自著『』()で本作を否定する発言を繰り返し行っており 、本人へのインタビューで「日テレ版は全然人気が出なくて半年で打ち切りになった。

当時の漫画界では「アニメが終わったら原作も終わる」というのが常識であり、そのため『ドラえもん』も一時は連載を終わらせ、新キャラクターと入れ替えようという話が小学館から出ていたという。

舞台設定 [ ] 作品の舞台となる、ドラえもんやのび太たちが住むは、「月見台すすきヶ原」という町である。

いつもと様子が違うドラえもんだったが、のび太は「いざとなったらいつものようにきっと何とかしてくれる」と気にも留めなかった。

ちなみに『』(1979年)以前のは本作を除いて・が全作品を制作している)。

ただし、当時はNETテレビ系列にも準系列という扱いで参加していた。