🍀紀子 さま ポーランド。 シリーズ・2回のお代替わりを見つめて(12)皇嗣秋篠宮さま:令和の皇室を支える弟宮

礼宮さまが紀子さまを「都合のいい女性」と見ていたように、紀子さまも「プリンセスの地位」のみが目的で、礼宮さま自体はそんなに好きではなかったのではないでしょうか。

宮中晩餐会の翌日も秋篠宮さまはお一人で愛知県に向かわれ、紀子さまは結核予防会の式典にご臨席されるなど、かなりの過密日程だ。

それで、KK(小室圭)問題について大きな関心がある私は、今年6月の秋篠宮ご夫妻のポーランド・フィンランド訪問前の記者会見に注目していました。

今回の発言もそうだが、皇室のお考えの一端をうかがうことができた。

ワルシャワ大学日本語学科の学生たちの日本語の水準が非常に高いことに感銘を受けるとともに,日本への関心事が多岐にわたっており,話を聞いている私たち日本人の側にとっても参考になることがありました。

機内食は特別なものはないです。

2019年12月17日に瑤子女王殿下がミャンマーから帰国された。

幼い頃から質問をするとすぐに答えてくれ、様々なことを知っているという印象を持っております」 「母は、 週刊誌などでは様々な取り上げ方をされているようですが、娘の私から見ると非常に優しく前向きで明るい人だと感じることが多くございます。

13
宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんに、今回の会見についての感想を聞いた。 — 山おんな 65t5XcmtpfY23t0 何か性格って表情に出てくるんだなって、紀子さん見てると実感します。 迷彩服姿で公務に参加しないようにお達しが来たこともありました」(自衛隊関係者) 確かに、日本では日陰者の自衛隊だが、欧米・アジア問わず、一般に海外では軍人の地位は高い。 「新型コロナの世界的終息までは、皇室の海外訪問も見送られることになります。 天皇陛下は皇太子時代、海外公式訪問の際には政府専用機に乗られたが、秋篠宮さまはこれまで通りに民間機を利用された。
98