おば みつ pixiv。 ぎゆしの (ぎゆしの)とは【ピクシブ百科事典】

蜜璃の方も伊黒のことはいい人だと考えていて、柱合会議編ではキュンときている。

蛇鬼は口の形を自分と揃えると言って、 小芭内の、そこから溢れた血を飲んだ。

彼の訃報が届いた際には、 「俺は信じない」と呟いており、現炎柱である彼にも相応の信頼を置いていた事が伺える。

火力はそこまで高くはないものの、手持ちワードの「い・お」系統の使いやすさや弱体マスとコピーマスの無効化など、汎用性の高さとしては非常に優秀な性能の持ち主。

柱合会議 禰豆子の処遇を巡っての全柱が集合しての会議では、炭治郎達を庇う義勇に対して、どちらかと言えば隊則派のしのぶは、義勇とそれ以外のメンバーとの仲裁に入るような形で会議を纏めている。

なお、目の前で恩人が仲間から嫌われていると告げられた上、それをかなり気にして否定するという兄弟子の発言を聞いたの心中は察するに余りある。

最初を起こすほど体力を消耗するが、 達の無惨への奇襲や、 悲鳴嶼、不死川、義勇の赫刀発現により生まれた時間で使いこなし、一瞬のみだが、 も会得する。

容姿 代表的な異常の発現である虹彩異色症()の罹患者であり、左目が青緑、右目が黄という身体的特徴を持つ。

」、杏寿郎からみた小芭内の印象は 「感覚が鋭い!肩、肘、手首の関節だけなら甘露寺よりも柔らかくしなる!」。

競泳水着やセーラー水着。

「あんたのせいよ あんたが逃げたせいで皆殺されたのよ!! 五十人死んだ! あんたが殺した! 生贄のくせに!! 大人しく喰われてりゃ良かったのに!!」 しかし、まだ幼かった小芭内の心を抉るには十分だった。

小芭内より年上かつ柱としては先輩にあたる剣士。

それを聞いた蜜璃は号泣しながら、自らの想いを伝えた。

2021-07-13 22:54:43• を使用する女性剣士。

29

義勇が21歳、しのぶは18歳。

イラスト 38• 第一章のイベントストーリーにて、義勇は突然開いた時空の赤い渦に引きずり込まれそうになったしのぶの危機にいち早く気づき、 「っ、胡蝶!」と大声で叫びしのぶを外側に押しやって助けている。

座敷牢では夜になると、まるで巨大な蛇が這い回るような音と、そして粘りつくような視線を感じた。

同じく親族関係で悲しい過去を背負った者同士であるからこそ、小芭内は内心では天元の心の強さと前向きさを尊敬していた模様。

視界を奪われつつも、鏑丸の誘導や、炭治郎の渡した 「の血鬼術の札」により失った視力を補い、 表面では嫌っていたが、内心では実力を認め、柱稽古で互いの攻撃を熟知し合った炭治郎と共に無惨を追い詰めていく。

また、これは引退しようとする宇髄に対して嫌味な上に遠回しだが、彼なりの慰留要請であり、他にも、煉獄の訃報を聞いた際には 「俺は信じない」と呟いており、このように自身が認めた相手の事は内心では強く信頼しているらしく、仲間への想いは深い。

最終的にはしのぶが竈門兄妹を管轄である蝶屋敷に受け入れ、義勇のフォローを務める形になった。

16