ブラック 鎮守 府 ss。 ブラック鎮守府 (ぶらっくちんじゅふ)とは【ピクシブ百科事典】

何か間違いが?」 大井「妄想と現実の区別がついてないの?鬼教官」 提督「駄目みたいですね」 北上「こうなったら ここの子らは聞く耳を持たないよ」 提督「知ってる。

それで?これで逃げるの?」 提督「いえ、艦娘を探します。

それでなんか買いに来たんですよね?」 提督「はい、ボートのモーターの燃料が欲しいんですが」 店員「はい、少し待っててね」 提督「はい」 ここの店員はあの人だけしかいないのだろうか なんというか綺麗な人だ。

DMMにを登録してある提督は、十分に注意されたい。

生活するだけならどうにか」 元帥「私は貴様に住居を提供したわけではない仕事をしろ。

一々電話の応対などしている暇はありません」 提督「けっ!何が多忙だよ」 大淀「ですが安心してください。

その第2艦隊の旗艦は、第1艦隊の旗艦(=連合艦隊全体の旗艦)とは違い、大破しても自動的に撤退にはならず、2015年2月の時点では「連合艦隊の第2艦隊の旗艦も、第2艦隊単独で出撃した時と同様に、轟沈しなくなっている」という説が有力であった。

38
以下が現在も存続・新規に現れた「ブラック」と思われる行為である 特に2020年に導入された交戦型遠征では、戦艦や重巡といった大型艦が要求される上、ほとんどの艦が中大破して戻ってくるほど激しい為、大破遠征による資源節約効果は絶大である
また、デコイに使われた潜水艦もレベルが上がれば修復の時間も長くなっていく 二次創作におけるブラック行為. 64 ID:4JX4bhLC0 それから他の店にも必要な物を買いにいき 提督だと話した 怯えられたり、相手にされなくなっり、殴られたり、物を売ってくれなかったりと散々だった でも、息子だとは言えなかった怖かったからだ この町には味方は誰一人としていないと気付いたから いや、とっくの昔に気付いてはいるか 提督「いてて、みんなやっぱり怒ってるよね・・」 提督「早く結果を出してみんなに認めてもらおう!その為には艦娘が必要だ!」 ゴムボートに必要な物を詰め込み 燃料を入れて・・・入れて・・ 提督「ガソリンスタンドに忘れてきた・・・なんで気がつかなかったんだよ・・取りに戻るか、いや、やめておこう」 店員「いや、取りに来なさいよ」 提督「え?あ、ガソリンスタンドの店員さん」 店員「はい、これ忘れ物」 提督「持ってきてくれたんですねありがとうございます!よくここだってわかりましたね」 店員「そりゃボートがあるのはここだけだし」 提督「わざわざすみません」 店員「お礼はいいよ
そして新たに潜水艦娘が着任すれば 終焉とその後 以上のブラック行為は、2018年 平成30年 8月に実装された第2期への移行により、マップ改変による敵艦隊の編成変更や、レベリング経験値が労力に見合わないほど大幅にダウンするなどの理由で、事実上消滅して過去帳入りした 65 ID:xOkl73l3o 提督「ふぅー楽しかったな!」 朝雲「色んな可愛い動物が見られてよかったわ」 鬼怒「やっぱりカッコイイ動物を見ると心が躍る!」 提督「ああ
第2期への移行で消滅した、オリョールクルージングに替わる ディリー・ウィークリー任務消化用の補給艦狩りである 元帥は貴方が電話してくる事を知っていたようですので私が応対するようにと仰せつかっております
67 ID:4JX4bhLC0 覚悟はしていたと言えば嘘になる でも、町の人達から見たらいい気はしないだろう 今までほっておいて今更新人にも程遠いヒヨッコの俺を送ったんだ もう、この町は捨てられたと思っているのだろう いや、もしかしたら本当にそうなのかもしれない 提督「そうですよね・・前の提督の所為で信用なんてないようなものですよね・・」 こんな事しても意味はないだろ逆に相手の怒りを買う事になるかもしれない だけど 提督「前の提督の所為で皆さんを危険な目に合わせて・・すみませんでした!」土下座 店員「なにしてんの?喧嘩売ってんの・・・やめて」 提督「これしか今は出来ません!今は信じてもらうしか・・必ずこの町を守ります!だから信じてもらえませんか?いえ、監視していてもらえませんか?」 店員「監視?」 提督「もし、結果が出せなければ・・出せそうにないと判断したなら!俺は町の人達に身柄を渡します」 店員「・・・・・・・」 提督「殺すなり好きにしてください 82 ID:4JX4bhLC0 6番さん! そういう時代だという事で・・・ ー執務室ー 提督「ふむふむ、敵を倒した時に稀に艦娘が現れるのか・・なにそれ怖」 提督「艦娘の艤装ってこんな構造になってんのか・・自由に展開が出来る
……もっとも、艦娘の立場にしてみれば「轟沈させなければ何をしても良い」と言うのも、五十歩百歩に鬼畜の所業であると思うのだが 何か間違いが?」 大井「妄想と現実の区別がついてないの?鬼教官」 提督「駄目みたいですね」 北上「こうなったら ここの子らは聞く耳を持たないよ」 提督「知ってる