ミシェル フルニレ。 ミシェル・フルニレ

現地紙パリジャン()が10日報じたところによると、同受刑者は心臓病とアルツハイマー病により病院に搬送され、人工的な昏睡(こんすい)状態に置かれていた。 また、この事件はしばらくこの地方で活動していた別の連続殺人犯であるの犯行とみなされていた。 フルニレ受刑者は、収監されていたフレンヌ()刑務所から先月28日に搬送され、入院していたパリ市内の病院で死亡。 金塊は、1980年代に暗躍した強盗団が盗難したものと考えられている。 被害者の7人は12-22歳で、射殺、絞殺、または刺殺されたが、同被告は処女に執着する性癖を認め、被害者を殺害した際には「人格が変った」と説明しており、「わたしは極めて危険な人物のままだ」と述べた。 報告初版作成者である須藤栄太さんに賛成をいただいたため、移動しました。 実際、彼は捜査官に「処女の女性と結婚したことがないのが、自分の生活の中で最も絶望的な部分だ」と話している。 2ヶ月に渡る裁判を通じて、フルニレには軽減措置なしの終身刑が、オリヴィエは28年の確定期間 付きの終身刑がそれぞれ宣告された。 フルニエはFournierとつづりますが、この人物の姓はFourniretなので、とカナ表記します。 フルニレはしばしば「賢く、用意周到で、計算的な人」と、マスコミから評されている。
実際に彼は、逮捕される6ヶ月前までベルギーの学校でとして働いていた
--() 2015年7月7日 火 20:03 UTC• 1987年の裁判の中でフルニレは精神分析学者によって「被害者の処女に執着し、そのためなら自らの反社会的な性格を制御する危険な男」と評された 1970年に再婚する
同弁護人は、オリビエ受刑者に対し、本件における共謀罪での予審が開始されたと明かした一方で、「ムザンさんの遺体発見に向けた捜査が残る」と述べた 人物 [ ] 労働者階級の環境で幼少期を過ごす
2004年7月3日にフルニレがブリシェを自分の私有地に埋葬したと自供するまで、この事件は の犯行と誤認されていた 二番目の妻からも離婚を求められると、1987年10月の釈放後は刑務所で知りあい、以前から同居していた モニク・オリヴィエ (Monique Olivier)とともにに移住する
フルニレはが買い物をする前に被害者の死体を埋めるための穴を掘っていたこと、またエリザベート・ブリシェ事件のように、目をつけた被害者が動くまで何時間も待っていたことなどから、彼の犯した一連の犯行が衝動や気まぐれによるものではないことが証明されている c AFP. エステルちゃんの事件については、これまで関与を認めていなかったが、事件当時の妻で犯行に協力していたモニク・オリビエが、去る11月の時点でフルニレ受刑者のアリバイを崩す証言をしており、これが自供の決め手になった
81
フルニレは、に対するを持っているとされている フルニレ受刑者は、犯行の当日に、ベルギーの自宅から息子に電話をかけたことを根拠に、犯行を否定していたが、モニク・オリビエは、電話をかけたのが自分であることを証言
また、尋問に対するフルニエの答えを分析したところ、自己中心的であること、良心の呵責を感じていないこと、被害者や遺族に対しての無関心であることなどが明らかとなった さらに、フルニレには姉(ユゲット)と妹(アンドレ)がいた
概要 [編集 ] 出身で、セダンを含めたを中心に活動 そのほかフルニレは、1980年代に金品を恐喝することを目的としたセールスマンに銃を撃ち、その後も放置して殺害したと自供した
さらに、フルニレには姉(ユゲット)と妹(アンドレ)がいた フルニレが2つの事件のことを自供したのは、長い尋問を受けてからの2004年7月1日のことだった
2003年1月にゲルマント市(セーヌエマルヌ県)で失踪したエステル・ムーザンちゃん(当時9才)の事件で、一連の女児の連続誘拐・殺人で終身刑の判決を受けているミシェル・フルニレ受刑者(77)が7日に行われた取り調べの際に犯行を自供した 捜査の過程でフルニレがフランスで犯した犯罪も明らかとなり、フランスに送還され、両国の合意で全ての犯行を裁判で判断することとなった
67