北見 バス。 特急「釧北号」

当時長距離路線のひとつであった北見から常呂までは吹き溜まりが発生しやすく峠があることもあって、途中の民家や車中で一夜を明かすなど46時間かかって運行したこともあった。

その後も北見から美幌、開成経由津別、栄森経由美幌、端野経由日吉や網走、紋別への長距離路線、各町村内や近郊路線がなどが開設された。

地区事業者10社で組織する BUS CENTER に加盟している。

(昭和44年)津別駐車所に変更。

各町村内を含む過疎地路線や主要道路から分岐する枝線系統の多くが対象となり、佐呂間町内は(昭和46年)までに遠佐線・佐呂間線を除き 、津別町内は(昭和48年)までに津別線・相生線・阿寒線を除き 、湧別町内は(昭和49年)までに湧別・紋別線を除き 廃止され、各自治体がを運行している。

北見バス『創業記念 北見バス20年』(1963年)• 北海道拓殖バスは(平成17年)度夏期の運行をもって撤退し同年度の年末年始は2社で運行されたが、ふるさと銀河線代替バスの運行開始に伴い廃止された。

東急グループ入りにより東急から役員や上級管理職員が送り込まれ、厳格な労務管理体制を施した。

置戸線 [ ]• (昭和12年)より遠軽自動車でも遠軽から芭露、奥社名淵までで運行した。

14
1階は営業所とバス待合所、食堂等を設置 復路は始発便が川東8号線発北見行で運行され、若松発は全便経由しない
北海道バス協会 参考文献 [ ]• (平成21年)10月1日 東急が所有する株式を関連会社に譲渡、から離脱 バイパス経由化により美幌町中心部へ乗り入れなくなり、美幌駅など中心部から空港までが路線開設、が既存路線の一部を空港経由としたものの、2019年(令和元年)10月1日までに休廃止
鉱山閉山によるイトムカ地区無住化により厚和までに短縮されている 『常呂町百年史』 p650• バス事業の新会社移行にあたっては、乗客に迷惑はかけないと路線の減便や廃止は行わないが、このためには的な運営を行いたいとして沿線自治体に出資を求めた
北海道新聞 2011年7月16日朝刊 オホーツク版p27オホーツク面 「路線・雇用は当面維持 安定経営につなげたい」• 各地の営業所や駐車所は路線縮小により順次閉鎖された 『網走バス50周年記念誌』 p17ではとなっている
11 1 :大通 - 日赤病院 - 警察署 - 北網圏文化センター - 田端町 - 春光町3丁目 - 柏陽高校 - 日赤看護大学 - 工業大学正門 - 光の苑 - 光苑団地 大通 - 市役所間は往路は4条西4丁目、復路は2条通を経由する 特急石北号の運行は増収に寄与したがそれ以上に一般路線の落ち込みが激しく、(平成元年)度では廃止に伴う引き受けによる大幅な増収を含めて前期比1. 『北見現代史』 pp990 - 991• 5・6:高栄6号線 - 高栄小学校 - 北小学校 - 寿町 - - 北見郵便局 - 2条通 - 大通(路上) - 4条西4丁目 - 山下町 - 寿町 - 北小学校 - 高栄小学校 - 高栄6号線 5は夕陽ケ丘通(北斗高校)先廻り、6は山下町先廻り
北見 - 4条西4丁目 - 山下町 - 美芳町 - 北進第一 - 夕陽ケ丘7号線 - 夕陽ケ丘9号線 - - 大正神社入口 - 大正福祉会館 往路は大正神社入口から大正ゴルフ場入口間を往復した後に大正福祉会館へ向かう 現在の施設は(平成元年)の廃止によるバス転換交付金を利用して建て替えられたもので、同年から供用開始した
佐呂間町より早く(平成21年)10月1日に丸瀬布線と上芭露線が廃止となった 1931年(昭和6年)には遠佐自動車合資会社を組織し芭露・富武士まで延長したほか、遠軽駅前から奥社名淵までも運行
27

他にやなど東急関連企業が次々と進出し、北見市は「東急の 」と言われるまでになった。

藻琴乗合合資会社(網走町) 1926年(大正15年)7月頃より東藻琴から藻琴までを運行。

現在では道路管理者が主体となり除雪体制が整備されていることから、吹雪による一時的な運行見合わせはあっても数日間の運休はほとんど発生しない。

(平成24年)10月1日より温根湯 - 道の駅おんねゆ温泉間を延長。

美幌 - 住吉 - 嘉多山 - (昭和27年)5月22日免許、(昭和42年)5月廃止。

温根湯から野付牛までの免許を得たが、悪路により留辺蘂まで運行するのがやっとの状態で、留辺蘂と野付牛の間は一度も運行できなかった。

『北見現代史』 p988• 数年後に迫ったバス事業の原則自由化に備えて繰越欠損金の解消目処がつかない赤字体質を脱却させるべく、人員削減など合理化の上でバス事業は新たに設立する新会社へ、不動産事業は関連会社の北見東急ビルに譲渡するとした。

統合後最初の新規路線は(昭和19年)免許の温根湯から二又までの伊頓武華線で、(昭和23年)免許の北見から置戸までの置戸線、(昭和25年)の網走から古樋までの古樋線免許により離れ小島状態は解消された。

13