横浜 市 新型 コロナ 感染 者。 4/16 新型コロナウイルス 横浜市の区別の感染者数の公表【港北区など】

国内では既に米ファイザー製のワクチンが承認され、医療従事者や65歳以上の高齢者への接種が進んでいる。

7億人を越えた。 (注3) No. 発熱・せき・のどの痛みがある人の相談は「神奈川県発熱等診療予約センター」【電話】0570・048914、または【電話】045・285・1015(土日祝日を含む午前9時から午後9時まで)。 ウイルスに感染したり、ワクチンを接種したりすると、体内に免疫の抗体が作られ、侵入したウイルスに取り付くことで、人の細胞への感染を防ぐ。 1月22日に陽性が判明し、その後状態が悪化した。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
56

10340と重複していたため、欠番といたしました。

新型コロナウイルスの高齢者向けワクチン接種を巡り、横浜市は30日、5月3日から始める集団接種の予約受け付けについて、計7万5千人分の定員枠が埋まり次第いったん終了とし、別枠の予約受け付けを10日から開始すると発表した。

医療機関などからの報告が後日になることにより、さかのぼって件数が修正される場合があります。

(注2) オープンデータCSVファイルの文字コードは、UTF-8(BOM無し)です。

接種実施期間は5月31日 月 ~6月6日 日。

(事務連絡 令和2年3月30日)• (注) No. 横浜市のデータ• 県内で発表された感染者は累計で909人(朝日新聞集計)になった。

緑 瀬谷 注釈 *1 横浜市が前週の新規感染者数の訂正をしたため、鶴見区と泉区の4月18日から4月24日の新規感染者数がマイナスになっています。

市担当者は、「段階的に接種規模を拡大していくので慌てずに予約してほしい」と呼び掛けている。