あしたのジョー 白木葉子 名言。 【あしたのジョー】ジョーは葉子をどう呼んでいたか~「葉子」は3回だけ

ホセの世界タイトルマッチ15回戦です 昼間学校に通っている気配が感じられなくて
これは、ジョーが力石に抱いていた思いと全く同じです ただ分かる事は葉子が 何を言われてもジョーへの愛を貫いたという事だけだ
気丈でプライドが高く、他人にも自分と同等の品性を求めるところもある ・【17巻 もはや芸能人矢吹ジョー 】 ホセに挑む前のジョーの人気はその辺のタレントよりあった
【単行本15巻】 逆に減量に悩まされているいるジョーは自分の求めるジョーではないからか 段平さえいなければ
だが、キニスキー博士は「完全ナ健康体」だと言うが… 「いいえ彼は完全なるパンチ・ドランカーです!!」と博士相手に誤診だと言う が説得している男は「」 彼は彼で自分が生きる道を少年院で葉子に「拳闘」だと気付かされた
43

・【17巻 散歩に誘う葉子 】 「ちょっと海辺を散歩しない?」と やはり段平が邪魔だったみたいで、改めてジョーを誘う葉子。

「かえんなさい」「そ…そういわずそこをなんとか…」 そんな段平が頭を下げまくっているのと同時に… 少年院の慰問する劇団。

白木葉子のゴーゴーを褒めるカーロス・リベラの台詞。

「ノートルダムの鐘」の演劇を葉子達のボランティアが演じる訳ですが、その劇中でせむし男の役を段平が演じます。

「丹下ジムはすぐそこだ 案内するぜ」とカーロス・ロバート・葉子を連れて行く。

そんなときに、白湯を差し出して言った葉子のセリフです。

それがよく現れているのが、カーロス戦前後のジョーへの接し方です。

ぼくは白木葉子のことが書きたかったのですが、ちっとも言葉にならず、他のキャラたちをいじっているうちにそっちが楽しくなってしまって、上記のようなことに相成ったわけです。

41
だがジョーは葉子の制止を振り切って向かっていく。 第1位 「燃えたよ……真っ白に……燃え尽きた」 (『あしたのジョー』20巻より引用) 第1位は、やはりこれ。 これには葉子も黙っていられない。 葉子はそんな財閥の一人娘ですから、彼女自身も大変な影響力・財力を持っています。 前述したようにジョーは本来、弱者に情をよせてしまう優しい心の持ち主。 その答えはわからないが、私には ジョーが葉子に心を開いた最高の場面だと感じた。 彼女の初登場は単行本の2巻から。 この少年院での出会いの出来事から葉子にとってジョーは、常に気になる存在になったと思います。 村上 輝明(むらかみ てるあき) 声 - (2) 元・全日本ライト級チャンプの経歴を持つが、10年前に引退した焼き鳥屋台の親父。
9