分詞 構文。 Makki's 英語 分詞構文例文

4つもあるから、どれを選べば良いのやら、悩んでしまいます。

She is cleaning her room, listening to music. As it was very cold, we stayed at home. 分詞構文で「原因・理由」を表す場合を説明する。 彼女のお金を全て使ってしまったので、彼女は、渋谷から家まで歩きました。 「簡単な言葉で記されているので」という訳のとおり、「~される」という受動態の意味になります。 この文は文頭からピリオドまで動詞は2つありますよね。 Though being very busy, she helped me finish the work. 例えば When I came home, I was very tired. ですが、そのような接続詞を使うことなく、主節の出来事がどんなことと並列的に起きていたのか、手短に追加説明を加えてしまおうというのが分詞構文です。
30

その角で左に曲がれば、銀行が見つかります。

副詞節を分詞構文に書き換える手順! 学生時代のテストで、元々の副詞節を分詞構文に書き換える問題が出たのを覚えている方もいるかもしれません。

過去分詞を使った例文 I repaired the broken window. 答えは分詞構文の「3」。

ここまで見て来たように、分詞構文は 「主節の文」に対して説明をつけ加えます。

この分詞構文も、話し言葉ではほとんど使用されない。

彼は、腕を組みながら立っている。

その眠っている赤ちゃんは、可愛い。

66
もう一度、例文で確認してきましょう この点は非常にカン違いしやすい点ですので注意してくださいね! ちなみに何も分詞構文だけに限らず、「不定詞句」や「動名詞句」だって、主節の時制と異なる場合は「have+過去分詞」の形を使います
My wife is in the living room, watching TV. 3 I was waiting for the bus , listening to my favorite songs. notifyは「通知する」の意味 独立分詞構文で、主語と動詞が能動関係であることに気をつけましょう
Admitting you have a point, I still think I am right. 節約して使えば、このバッテリーは一週間は持つだろう 文の主語はSeanだが、空白の直前はhis bag 彼のバッグ だ
-ing形と-ed形には、大きく次の2つの違いがある considering that 「〜を考慮すると」• 私の子供は学生なので、私は早起きしなければなりません
1'' As I had read the novel, I already knew the ending of the movie. 例を見てみよう 上記の例文は、過去分詞Vppとなっていますが、考え方は現在分詞の場合と同じです
37