ひぐらし 業 考察。 ひぐらしのなく頃に業 祟騙し編 考察

大石に何があった? 大石はレナによると境内で何かあった時に動いていた・・・?というような話を打ち明けた。

全てを理解し、誰が古手梨花を殺すのかも知っている」と言い切って立ち上がる。

という説です。

しかもダム戦争の際に北条家はダム建築賛成派に加入したことから、沙都子は今でも村八分とされていました。

祟騙し編との違い 児相にかけあい、動いてもらう事は基本的に変わりない。

「「どっかいけえええええ!!!!」」「くっ、この我が、こんな剣などに!?ぐっ、これは鬼狩柳桜!?かつて桜花が我を討ったもの!なんで此処に!? ぐがああああああ」そうして羽newはカケラの彼方に消えてきました。

後ほど深く考察します。

さらに言うと、沙都子が死を回避すると鑑賞できなくなるので、羽newは沙都子を死に追い詰める必要がある。

第7話 綿騙し編 其の参. 梨花と圭一が同じ側なのは旧ひぐらしをフラッシュバックか思い出すという理由である 特にレナは罪滅ぼし編など、自らが手を下した欠片もあるので、より発症しやすい
ところが、祭りの最中に異変が発生します これが梨花の業である
考察では、羽newが生贄を要求したと考えたのだが、21話の台詞で生贄という単語はでてこない 特に不二子は看板のようになっていて、後ろでADらしき人が支えていることから、お芝居の暗示じゃないかというものですね
さらに羽入は梨花のために最後の力を使ったため、自らの存在が消滅してしまうことも同時に梨花に明かします
下記業の ネタバレを含む妄想考察と、考察メモです 鉄平が連行されていったのが本当だとしたら、家に居るのはおかしい
エウアはそんな羽入の代わりに雛見沢を浄化するためにやって来た、別の世界の神様なのかもしれない レナにやり方を教えてもらいながら祭事に参加した圭一は、富竹が村の診療所の女性と密会しているところを目撃する
どうやら、北条沙都子に何があったかが描かれるようです そして、物語が進行するにつれて、雛見沢症候群のレベルが上がっていったのでしょう
その魅音も似たようなことをして誰の話も信用できなくなってしまい、結局ただの鬼ごっこが続く だから友人であっても他言無用だと釘を刺して、大石は引き上げていった
それから毎年、綿流しの祭りの日には殺人事件が起きているのだという 魅音は学年が上だが、生徒数が少ないため全員同じ教室で授業を受けている
68

惨劇の方で考えるんだったら、・で大石に撃たれたこと・猫騙し編その2で母親に首をバチコン!とされたこと、この辺ではすでにひどい目に遭っているので、ここがさらに悪化するとかはないと思うのですが。

そしてその場合、ある謎も判明する。

場面が雛見沢村の不法投棄場に戻ると、本来の姿をした梨花が、雑誌を読みふける圭一と鉈を手に彼に迫るレナをほのかに赤く輝く異様な眼差しで静かに見守っていたのだった。

フィーア、いや、みつよだったか、それとも特異脊髄標本LD3105号と呼んだほうが似合いかな? 世界を繰り返すために引き金となるのは、そなた自身の 死。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

来てるんだろ、レナちゃん」 大石からの電話があった少し後、レナが圭一の家にやってきたらしい。

鬼騙し編の初期の頃の考察にも意味もなく死んでいるキャラとして沙都子を疑っていたわけだが、どこで間違えたのか、そんなことすっかり忘れて考察できずにいた。

雛見沢村では、かつてダム闘争が起きた時から、何かトラブルがあれば住人たちが結束して事に当たる伝統があるのだという。

88