宮沢 賢治 銀河 鉄道 の 夜。 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』考察 ー物語論|かずや|note

いま帰ったよ。

」 その人は、赤い眼の下のとこを 擦 ( こす )りながら、ジョバンニを見おろして云いました。

2012. 水も……。

その手帳の詩の最後に「南無妙法蓮華経」とあります。

岩手日報2009年12月27日 [ ]• 「降りよう。

童話と言えども子供にはちょっぴり難しい物語だ。

しかし、カムパネルラは消えてしまい、現実世界に戻ったジョバンニは、カムパネルラが既に死んでしまっていた事を知る。

71
わっしは、鳥をつかまえる商売でね いま川の流れているとこに、そっくり塩水が寄せたり引いたりもしていたのだ
そしたらいたちも一日生きのびたろうに つまり牛乳が銀河をメタファーしているアイテムなのだ
賢治の造語 彼らは、乗っていた客船がに衝突して沈み、気がつくとここへ来ていたのだという
すると町の家々ではこんやの銀河の祭りにいちいの葉の玉をつるしたりひのきの 枝 ( えだ )にあかりをつけたりいろいろ 仕度 ( したく )をしているのでした ジョバンニの同級生(ただし明言されてはいない)
烏瓜のあかりを流す際に川に落ち、カムパネルラに助けられる 見ると、もうじつに、 金剛石 ( こんごうせき )や草の 露 ( つゆ )やあらゆる立派さをあつめたような、きらびやかな銀河の 河床 ( かわどこ )の上を水は声もなくかたちもなく流れ、その流れのまん中に、ぼうっと青白く後光の 射 ( さ )した一つの島が見えるのでした
青年は男の子をジョバンニの隣の席に、女の子はカムパネルラの隣に座らせます。青年は幼い姉と弟の家庭教師として雇われている大学生で、ふたりを一足先に本国へ帰った父親のもとに送り届ける途中だったようです。港を出発してから12日目、突如として太平洋を航海中の客船が氷山に衝突する大事故が発生しました 家に帰ろうと思い丘を下ると、人だかりができています
街のはずれから遠く黒く広がった野原を見渡していると汽車の音が聞こえてきます 賢治はそれらの作品を通じて、ついにトシの魂の所在について大きな確信を持つようになった
エピロヲグ~銀河鉄道の夜~ (の曲 私の心をごらん下さい
燈台看守(燈台守) 銀河鉄道の乗客の一人 その小さな列車の窓は一列小さく赤く見え、その中にはたくさんの旅人が、苹果(りんご)を剥(む)いたり、わらったり、いろいろな風にしてゐると考えますと、ジョバンニは、もう何とも云へずかなしくなって、また眼をそらに挙げました
40