タンポ ん ソフィ。 なぜタンポンは “タブー視” されてきたのか

挿入した後に違和感や痛みがある場合は1度取り出して新しいもので再度試しましょう。

焦ってむやみに探すと、膣内が傷つきますので、 焦らず落ち着いて探すようにしてください。

(10代 小学生)• このタンポンのおすすめポイントは何と言ってもコスパの良さ。

しかし、タンポンに対するタブー視が、それを妨げていました。

タンポン使用率が低い日本 日本で「生理用品」と言えば、タンポンよりもナプキンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

中学生になったら部活が始まるので、それまでには使えるようになりたいです。

これは一重に、ナプキンの性能がよいため、タンポンに頼らずとも快適に過ごせるためです。

さらに、明治時代以来、タンポンに対するタブー視がとても強かったことも、使用率の低さに影響しています。

アプリケータータイプに比べて格段に安い価格で購入できます。

ここではコンビニやドラッグストアで手に入れやすいタンポンをそれぞれの特徴も合わせてご紹介します。

10

また、タンポン本体(吸収体)は脱脂綿やレーヨン綿などの柔らかい素材でできているので、膣壁を傷つけることはありません。

この時トイレットペーパーをヒモに巻きつけておくと手が汚れることなく取り外せますよ。

経血は潤滑油のような役割をするので、経血量が少なくなるとタンポンが直接膣壁に当たって痛みを感じることがあります。

挿入したら透明の筒を1番奥まで押します。

データにもよりますが、アメリカでは30代女性の約8割がタンポンを使用しているのに対し、 日本の30代女性の使用率は2割程度。

量が多い日は、タンポンの中でも特に量が多い日用を使用したり、ナプキンを併用することで経血の漏れはほとんど防ぐことができます。

でも、そんな時もタンポンを使えば経血が体外に出ないので、生理を気にすることなくプールや温泉を楽しむことができます。

ほかにも複数のメーカーがタンポンの製造販売に乗り出し、1960年代から80年代にかけては、店頭で各種タンポンを手に取ることができました。

やはり体内に入れているので、しゃがむ体勢になったりした時に違和感を感じることはあるのですが、痛みを感じる場合はすぐに抜いて新しいものに取り替えましょう。

65

筆者も3日目を過ぎたあたりからナプキンに切り替えています。

(10代 中学生). 朝のウォーキングをしているのですが、モレの心配がありません。

生理1〜3日を過ぎてきたらライトサイズの小さいタンポンを使うか、ナプキンに切り替えるのがおすすめです。

もちろん気になる方は1回1回取り外しても問題ありません。

生理中は経血が漏れてしまったり、ムレが気になって気分が落ち込みがち。

それにしても、ナプキンの性能が今ほどよくはなかった時代、タンポンを使うことで女性たちの自由度は格段に増したはずです。

その後、徐々にタンポンメーカーが撤退し、2001年には「タンパックスタンポン」の輸入販売が終了、2003年には老舗のエーザイも製造販売を中止しました。

フィンガーベールがセットで入っているので、挿入する時も指に経血がつかずにつけられるのが嬉しいですよね。

タンポンのデメリット 痛みを感じる場合がある タンポンを使うデメリットとして真っ先にあげられるのが、痛みを感じることがあるということ。

多い日にレギュラータイプを使うと漏れにつながるおそれがあります。

99