徳川 家 系図。 徳川慶喜の子孫の現在も続いている?家系図をもとに簡単に解説!

(分家して男爵を授けられる)• 明信院殿澄誉恵顔光耀大姉〔幕府祚胤伝作明信院登誉恵鑑光耀大姉〕) 徳松 (母同 【目次】• 天徳院殿乾運淳貞大姉) 勝姫 (母同
実本多美濃守忠政女 (夭折) 6代 から養子• 広告制作会社のカメラマンとして活躍後、 フリーとなり、徳川家に関する遺跡や建造物を主に撮影していました
(明治2年)に家達は華族に列せられ、を経て、(明治4年)にへ再移住し、1884年(明治17年)には公爵を授けられて、徳川宗家は 徳川公爵家となった その後、10代将軍 徳川家治 とくがわいえはる には跡継ぎがいなかったため、 一橋家の 家斉 いえなり が11代将軍になりました
徳川慶喜は 正室とのあいだに 成長した子供はなく、 新村信と、中根幸という、 2人の側室のあいだに 生まれた 子供たちが、 明治時代以降の 徳川慶喜の家族を 構成していくことになります 葬送深川霊巖寺
【吉子女王の両親】 父: 有栖川宮織仁親王 有栖川宮第6代当主 母:家女房の 安藤清子 【吉子女王の兄弟】 兄:宮韶仁親王 有栖川宮第7代当主 兄:尊超入道親王 姉 喬子女王(浄観院、江戸幕府第12代将軍 徳川家慶正室) 姉:織子女王(広島藩主・浅野斉賢正室) 姉:幸子女王(長州藩主・毛利斉房正室) 江戸時代の皇族である、有栖川宮織仁親王 有栖川宮第6代当主 は、徳川慶喜の祖父にあたり、当然、慶喜には皇族の血が流れています 延宝8年5月8日(1680年6月4日)卒
59
その子 家正も十七代当主として公爵の身分でした。 松平忠直室。 江戸幕府第15代将軍「徳川慶喜」をの曾孫にあたる、旧公爵・徳川慶喜家の4代目当主。 12代当主の徳川 篤敬 とくがわ あつよし が42歳で早世すると、徳川 圀順 とくがわ くにゆき が13代当主となる。 幕府祚胤伝によれば、 文禄4 1595 年生。 左京亮。 天正元 1573 年生 幕府祚胤伝。 19代目「徳川家広」氏は静岡県で、野党第一党「立憲民主党」から出馬。 それからハンセン病患者の救済運動にも関わり、 高松宮記念ハンセン病資料館(現在の国立ハンセン病資料館)を設立されました。
2

将軍に就任する前、 幼少の頃から紀州藩主となり、 13歳で将軍になりました。

靖巖院従三位源輝子夫人) 尊光入道親王 (猶子。

母宇都宮公綱女〔西園寺秘本〕。

母浅井長政女崇源院殿。

応永20 1413 年生〔系図纂要〕。

母天野弾正忠資久女。

33