合致 する 意味。 「一致」と「合致」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

例えば、 「彼の政治的信念は実際の行動と合致しています」などの文章で使えます 仕事が自分のスキルや希望内容と合致していない場合、雇用者のモチベーションが上がらず、生産性が低下する可能性も考えられるが、上司が積極的にコミュニケーションを図っている場合においては、雇用者が仕事に対してミスマッチと感じる確率を低下させることができる可能性がある. 「一致」を使った例文 ・『犯人の指紋と一致した証拠を突きつけられたため、彼は言い逃れできなくなりました
反対に、 「彼女とビジョンが合致しました」という文章であれば、 「一致」でも 「合致」でもどちらの言葉を用いても違和感のない文章のニュアンスになります 「一致」は 「二つ以上のものに違いがなくて同じである」のニュアンスですが、 「合致」は 「あるもの 人物 とその目的 用途 が同じである」のニュアンスがあります
読み方はいずれの場合も「がっち」です あるいは、「合流する」という言葉が訛って「がっちする」になり、音が一致する熟語を当てはめたのが由来とみることもできます
「一致」と「合致」の違い 「一致」と 「合致」の違いは、 「一致」は 「具体的なモノの形態・特徴などが同じであること」を意味しますが、 「合致」は 「具体的なモノの形・特徴よりも、抽象的な意味・概念などがぴったり合うこと」の意味合いが強いという違いになります 「一致」というのは、 「二つ以上のモノの形状・特徴などにまったく違いがなくて一つになること」を示している言葉です
』 ・『満場一致でこの法案が可決されましたが、私自身はこの法案に全面的に賛成なわけではありません 』 「合致」の類語 「合致」の類語には、以下の言葉があります
「一致」という言葉は、 「二つ以上の複数のモノや意見などが、ピタリと同じで違いがない」といった意味合いで使用することができるのです。 「合致」には、 「抽象的な事柄・意見・観念 理念 などに違いがなくて一致する」というニュアンスがあるのです。 同様で、それ一列に並んだ の意• 二つ以上の物事 二人以上の人 が両立せずに敵対すること。 また、「合致する」を略して「ガチる」という形もあります。 「合致」の意味 「合致 がっち 」とは、 「二つ以上の物事・意見・観念などに、ズレがなくてぴったり合うこと」を意味しています。 「合致」を使った例文 ・『基本的な企業理念が合致しない相手と、ビジネスパートナーになることはできません。 ・『合意 ごうい 』……意見・意志などが同じであること。 お互いに違っている点があるさま。 観察上の両立性 の意• 「合致」の使い方 「合致」の言葉は、 「二つ以上の事柄や二人以上の主張などがピタリ合ってズレがないこと」の意味で使用されます。 ・『不一致 ふいっち 』……二つ以上の物事が同じではなくて一致しないさま。
32