妊娠 後期 おり もの 茶色。 【医師監修】妊娠中の茶色いおりもの、いつからいつまで続くの?

記録をつける 出血をしたら、こまめに出血の状況を記録しておくことが重要です。

抗菌薬での治療が必要です。

先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。

妊娠初期にはよくある症状ですが、中期では珍しいためもし血の塊が出た場合は注意が必要です。

では、妊娠中期の出血は切迫流産や切迫早産の原因となるのでしょうか。

子宮頸管(しきゅうけいかん)が短くなっていたり、子宮口が開き始めている場合は、早産の兆候があると診断されます。

個人差はありますが、 出産の1週間前からおりものの量が増加することが多いです。

下着についたおりものの様子を見て、少し気にする程度で大丈夫ですよ。

また、生理前の茶色いおりものは着床出血の可能性もあります。

その際に先ほど説明した記録が役に立ちますよ。

症状は切迫早産と似ていますが、突然、激しい痛みに襲われ、おなかがカチカチにかたくなったり、持続的なおなかや腰の痛みが起こるのが特徴です。

妊娠後期ともなると、お腹がせり出してきて自分の下半身はよりいっそう見えにくくなります。

おしるしがあった場合も、陣痛や破水が来ていなければあわてて病院に行く必要はありませんよ。

おしるしがないからといって、焦ったり心配しなくても大丈夫ですよ。

私は子宮内に小さなポリープがあるのでそれかもね?とのことでしたが。

鮮血は一般的には新しい血液と考えられているため、先決で出血をした場合は、何らかの異常が体内で起こっている証拠です。

少量の出血や 茶色いおりものがでるので心配です。

2