ぬけ さく 先生。 間抜作 (あいだぬけさく)とは【ピクシブ百科事典】

とんちんかんの攻撃は全く通用しなかったが、最後は抜作のギャグにより発生した爆発に巻き込まれて敗れた それでも死なない抜作にもっと古いを食べさせようとしたが、「殺し方がセコい」と校長に射殺された(アニメでは東郷にどつかれ中断)
病弱で寝たきり状態である 原作では額に「ギ」と書かれている
相棒の天地と共に抜作とまともにやりあえる唯一の男だが、詰めが甘くいつも逮捕できない 常識知らずの面が多い反面、を盗んだ際には「かわいいというだけで見せ物にするのはよくないことだから」と故郷に送り返したり、仲良しだったぬけちゃんロボットが死んでしまったと思われた時には寂しそうに記念写真を眺めるなど、情は持っている
抜作を投げで殺そうとすると、天地が庇って抜作を突き飛ばしたが、突き飛ばされた抜作の頭に槍が命中した(しかし抜作は死ななかった) 5」『ついでにとんちんかん 第5巻』集英社(集英社文庫)、2004年7月21日、、324-325頁
山田隆司 湖山禎崇 奈須川充 東風・甘子の純愛物語 前園文夫 12 1988年 1月16日 アッと驚く新春初仕事 柳川茂 藤川茂 佐々木敏子 東風の修行はツライ! 松尾 道蕉(まつお どうしょう) 声 - の名人と言われる老人で、新作の俳句をとんちんかんに狙われた 下の名前は不明
編集 -• アンネナフタンポポホフと一緒に名前が明かされ、「なんて情けない名前なんだ」と恥ずかしがる アニメ版では「吉沢先生の国語ものしり講座」と称して劇中に出てきた言葉の意味を解説している
怪盗とんちんかん・シロンとして活動時のコスチュームは、オレンジのレオタードにレッグウォーマー(原作では後にスーツ風のものに変更) 全43話
として抜作を迎えに来て、地獄へ連れて行くが、抜作がをメチャクチャにしたため、大王から「こいつは二度と連れて来るな」と叱られた 中から外を見ると、のようになっており、目を裏から突くとのように破ける
とある筋では要注意人物に指定されているらしい。 常人の想像を超えた意地悪なで、とんちんかんを追い詰めるが、リーダーの抜作が出した答えを「正解じゃ!」と言い、自分の負けを宣言した。 映像ソフト化 2008年6月18日、からがDVD-BOX 1、DVD-BOX 2と2つに分けてリリースされた。 相手が女性(甘子)であっても全く容赦しない反面、殺し屋でありながら、人を殺すことに空しさを感じ涙を流すという一面もある。 軽い性格で、以外の万事に投げやり。 代表ギャグは「歯槽のうりょう(膿漏)」「きみょぅ(奇妙)だめし(飯)(=肝試し)」など。
67 35