クリロナ ちょんまげ。 クリスティアーノ・ロナウド

51
2004年10月13日 エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ、リスボン 2 — 0 7 — 1 6. この洪水で叔母 母の姉妹 が家を失い、3月に従兄のミゲル・サントスが交通事故で死亡した。 なお、この女性には口止め料として1200万ユーロが支払われたことが報じられ、また息子の面倒をみるのはロナウドの方であるとも発表している。 第一姓(母方の姓)は ドス・サントス、第二姓(父方の姓)は アヴェイロです。 スペイン紙は「決勝で絶対失敗しない男」と称賛し、レアル・マドリードで同僚だったは、ロナウドの「異常な勝負強さ」について、「僕たちの7番はこれまで見たことがないタイプのストライカーだよね。 自身も大会を通じて3ゴール(2位タイ)、3アシスト(3位)の結果を残し、シルバーブーツを受賞。 代表得点世界記録保持者。
58
また、元ブラジル代表の英雄であるペレ氏は通算1281点、元同国代表FWロマーリオ氏は通算1000点を主張 2009年、レアル・マドリードはロナウドの両足に9000万ポンド(約155億円)の保険をかけた
2013年2月13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でのヘディングは最高到達点がほぼ3メートルに達した スポルティングのユース入団に際し、スポルティングはナシオナルに対して2万5千ユーロの移籍金を支払った
その後もアメリカ人デザイナーのリチャード・チャイと連携しブランド「」や「」をオープンさせた ロナウドにかかった破格の移籍金を無駄にしたくないとの思いから、怪我など予測不能なリスクに備えるためだという
フォーリャ・セッカ(枯れ葉)と呼ばれるキックを得意としていたを彷彿とさせる弾道の予測が不可能な無回転フリーキックを得意としていて 、彼の代名詞となっている 代表経歴 [ ] 2010年 2003年に開催されたで優勝を果たし、同年8月20日に行われた戦でとの交代で途中出場し代表デビュー
2009年 2008年夏、かねてよりロナウド獲得を目指していたが、移籍成立は時間の問題とメディアを通じてアピールしたことによりロナウドをめぐる移籍騒動が勃発 クリスチアーノ・ロナウド• 同年4月5日行われた戦では、8分間でハットトリックを達成するなど5得点を挙げ、レアル・マドリードでの通算300得点を記録する
10月には足首の怪我によりクラブでの試合のほかとの試合にも出場できなかった 2013年2月6日 、 1 — 1 2 — 3 親善試合 39. 2008年5月21日に行われた決勝戦では、チェルシーから先制ゴールを奪うも、チェルシーもが同点ゴールを決めて反撃
2007年3月24日 エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ、リスボン 2 — 0 4 — 0 17. 10月14日の戦にて後半27分にPKで得点を奪い、、、、プスカシュ、に次いで世界のサッカー史上6人目となるキャリア通算700得点を記録した 現役選手の間に生涯収入10億ドル超えを達成したアスリートはとメイウェザーに続く史上3人目
の提供に協力をお願いします この記事のには以下のような表記揺れがあります
ロナウドの息子はメッシのファンと言われており 、メッシの息子もロナウドのファンであるとの憶測もある 延長戦でも決着がつかずPK戦となり、ロナウドは3人目のキッカーを務めるもにコースを読み切られて失敗
また同大会のハンガリー戦でEURO本大会17試合目の出場となり歴代最多記録を更新するとともに、EUROの4大会で得点を挙げた初の選手となり 、準決勝のウェールズ戦での得点によりの持つEURO本大会の通算得点記録(9得点)に並んでいる マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたは、ロナウドがデビューした時から注目しており、ロナウドの獲得をいち早くファーガソン監督に進言していた