洞窟 の 比喩。 洞窟から外界へ連れ出す―ビジネス倫理の意義

これが可視的世界に対するわれわれの関係である。

スポンサーリンク 壁面に映る影絵の世界を真実の世界だと思い込む洞窟の囚人たち プラトン の『 国家』第七巻で語られる 「 洞窟の比喩」の議論においては、 現実の世界において 自分の目で対象となる物体を見て、 事物を知覚するという認識のみによって、対象を 正しく理解したつもりでいるという人間における 通常の認識のあり方は、 言わば、 洞窟の奥底に 手足を縛られた状態で拘束されながら、 洞窟の壁に映っている 影像を真なる実在であると思い込んでいる 囚人のような認識のあり方に過ぎないという 比喩が語られることになります。

囚人はの火によっての壁に映じる人や動物のを実在と思い込む。

そういえば、何年か前に韓流ブームが起こったときに、とある韓流スターが日本でゲリラコンサートを行ったことがあった。

プラトンは『国家』の中で「正義とは何か?」について、ソクラテスに語らせています。

書いたように、 プラトンの『 国家』第六巻で語られる 「 線分の比喩」においては、 人間の認識における エイカシア(映像知覚)、 ピスティス(知覚的確信)、 ディアノイア(間接的認識)、 ノエーシス(直知的認識)という 四つの認識のあり方は、 四つの線分へと分割された 一本の直線との対応関係の議論を通じて、 直接的認識と 間接的認識の間をめぐる 三重の比例関係として成立しているということが説明されています。

哲学のあり方とはこの洞窟の比喩によって粗雑であるが巧みに表現されている。

ディジョージによると「ビジネスと倫理は、両立しない」という「ビジネスの非道徳性の神話」とされる。

6
真理が勝つのではなく、勝った者が真理になる時、必然的に善も正義も社会的強者の利益に準ずるものとなり、社会は粗野なエゴのぶつかり合い、真理と権力の争奪戦のパワーゲーム、自然的闘争の世界になってしまいます このように哲学者の教育を受けることで、人々は善の世界へ行くことができると結論付けているのです
その囚人はそこで洞窟に戻り、自らの体験をみんなに教えようとした だから「誰がアフリカを苦しめているのか」と、犯人探しを始めてしまう
それなくしては成立しないような現代哲学の議論もたくさん生まれているのである そこで本記事では、そんなプラトンの思想をわかりやすく解説します
そこまでおおげさなものでなくとも、これまでの肉体的快楽より、はるかに素晴らしい体験をすることができるはずでしょう わずか数年で、そんな妄想の世界が消えかけているのを目の当たりにして、わたしは本当に嬉しく思っている
現実には幅のない線は存在しえず、面でない点は存在できないように 《洞窟の比喩》を読みながらマトリックスを鑑賞すると、すっと風通しの良い感じで、哲学する時間を過ごせるかもしれない
13