ミナ ペルホネン 展。 ミナの服、400着の森の中を歩く幸せ。「ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく」東京都現代美術館

今回、大きな展覧会が開かれ、とても楽しみに出かけました 95年設立、今年25周年を迎える
それぞれ「ミナ ペルホネン」(以下、ミナと表記)のものづくりを自然界の言葉に投影したものだ 本展とあわせてお楽しみください
でも、 たくさんのご協力をいただきました (神奈川県 吉田乃利子さん 60代) 自由な発想とコンセプトをわかりやすく展開 服の機能の第一は、身体を下界から遮断することにある
会場にご来場されるときは、 先に「ほぼ日カルチャん」をごらんになってから 「ほぼ日曜日」にお越しいただくのがおすすめですよ そのたゆまぬ歩みは、展覧会の会期中である2020年に25周年を迎えます
会場は「実」「森」「風」「芽」「種」「根」「土」「空」と名づけられた八つのスペースからなる 皆川がミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは1995年
ミナの世界観を大いに満喫できた今回 数に限りがありますので、 どの柄が店頭に並んでいるか、 ぜひ会場でごらんになってみてくださいね
「芽」の部屋ではデザイン画とその生地が展示 多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、本展覧会では、生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川明の挿絵など創作の背景を浮き彫りにする作品群や資料も併せて展示いたします
65
皆川明氏の頭の中を覗いているような、創作アイデアの展示も。 お申し込みいただいてから抽選を行い、 当選者にお支払いをいただき、 後日お届けという流れです。 「森」のセクション。 展覧会特設サイト. 皆川氏が将来の夢として構想している「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ「shell house(シェルハウス)」も。 読者のみなさんの中にも好きな方が多いですよね!1995年にミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」が誕生してから、来年2020年には25周年という記念すべき年を迎えます。 ひとつのデザインが生まれてから、生地になり、洋服やインテリアといった様々なプロダクトに展開していく様子を紹介。 TOMARI。 題して、「つづくのつづき」。 本展覧会は8つの章で構成されており、各章にはミナ ペルホネンのものづくりの営みを自然界に例えて、「実」「森」「風」「芽」「種」「根」「土」「空」といった名称が付けられています。
15