トヨタ スマート シティ。 トヨタの行方 :“常識外れ”の実験都市 「ウーブン・シティ」着工=河村靖史

現在は、仁川や松島をはじめ、約50カ所の地域でスマートシティ構築が進められています。

日本を代表する通信業界のトップと自動車業界のトップが共に一つの目標に向かって動き出す。

このあたりは1960年代から田畑を開発した、いわゆる企業団地。

具体的には、住宅の近隣にあるサテライトオフィスを利用できる取り組みや、駐車場の空き情報を確認できる「スマートパーキング」などがあげられます。

トヨタ輸送などのグループ企業に加え、自動車部品の矢崎総業やヤクルトの工場、物流倉庫などが多く集まっています。

ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。

工場に隣接する東富士研究所は自動運転車の開発拠点なので、すでに実証実験は始まっているのかもしれません。

トヨタが「未来の街」づくりに乗り出す背景には、自動車産業を取り巻く技術革新と、そのスピードの速さに対する危機感がある。

76 30