ゆっくり虐待小説。 [B!] 旧個人的なゆっくり虐待小説評価所

【制裁】• 【制裁】• 212票• 「や、やめてね。

210票• 【愛で】• 207票• 363票• 【小ネタ】• 【虐待】• 334票• 285票• 205票• 地の文では末っ子の異常性に関する具体的な描写はしても、 末っ子れいみゅを貶めるような言葉は一切書かれていません。

「さーて、ゲームでもするか」. そういう点で見ればこの「副工場長れいむの末路」は相手の生命を、権限を、これまで味わってきた全ての幸福を見事に貶めた最高品質の復讐を描いています。 【ギャグ】• 221票• 346票• 244票• 209票• 【制裁】• そこから悲劇に繋がっていく、というのが物語の主な流れです。 【いじめ】• 273票• 226票• 【愛で】• 232票• 301票• いつもならストレスを発散するために公園に行くのだが、今日は行かない。 240票• 【制裁】• 282票• 「め、めーりん!おきてめーりん!」 「じゃ、じゃお~ん??」 ぱちゅりーに続きめーりんも目を覚ましたようだ。 231票• 【制裁】• 232票• で、母親のれいむは「そんな差別するのは良くない」と言うんですが結果的に彼女の行動は 障害児である末っ子を極端に甘やかす方向に集中してしまいます。
83

【いじめ】 【挿絵】• 239票• 【観察】• 284票• 【制裁】 【挿絵】• 223票• 【考証】• 287票• 291票• 281票• 256票• 【愛で】• 332票• 全てがああなるわけじゃないとは思いますが、一例としてまあああいう展開もあるのかなあ、と。

【観察】• 319票• バッジというのは、ゆっくりだけに設けられる制度のことだ。

247票• 207票• 家族や群れのみんなにいじめられていためーりんのこと、 二匹のお飾りが無くなった理由、そして自分たちがどうやって群れから出て行ったのか、 そしてお兄さんは質問を終えた。

260票• 323票• 非常に残酷な話をするとこれってゆっくりという架空のキャターだけでなく、現実の人間にも当てはまる部分があるんですよね。

53
227票• 231票• 249票• まず基本的にゆ虐に限らず虐待系の趣味・嗜好は内容の過激さから忌避されやすい傾向にあります。 241票• 各々のコミュニティにおいては、そうした棲み分けの為のローカルルール、あるいは許容される表現のガイドラインがきちんとサイト内に記述されていることがほとんどである。 319票• 259票• 【制裁】• まあタイトルから察せますが。 そんな気持ち悪い親子によって周囲が迷惑を被り、結局最後には……という話。 206票• 358票• 【愛で】• 【虐待】• 【いじめ】• 202票• 【愛で】• 【いじめ】• そういった内容が苦手な方や迷い込んでしまった方は直ぐにお戻りください。 【制裁】• それとニッチジャンルの特徴としてそういった趣味を隠している人もいると思いますので、もし 身内などからこういったジャンルを好む人が見つかっても頭から否定するのはやめてあげてください。