韓国 イラン フッ 化 水素。 対韓輸出規制でフッ化水素の輸出ができない森田化学が苦境、純利益が9割減

彼にとって「人権」とは韓国人に限られ,世界普遍の概念ではないのだろう。

このため、後に日本から韓国への輸出が再開したものの輸出量はそれほど増えず、輸出管理強化前の4分の1程度にとどまっていると指摘した。

しかし、中国メディアの捜狐はこのほど、韓国は半導体産業で「日本に首根っこを掴まれていたことを明確に認識した」と指摘、この危機をチャンスに変えて一部材料の国産化に成功したと指摘する記事を掲載した。

に より• アメリカの「GSOMIA破棄宣言」に対するプレッシャーは尋常ではなかった。

先日、韓国向けの半導体製造材料3品目が、従来の優遇措置を外されて「要輸出許可申請」の対象になった。

国際的な韓国包囲網から見れば,遅いくらいの対応である。

だが韓国の場合は米韓同盟という枠組みもあり手が出しにくい。

それで日本の関連企業は大打撃を受けたとしている。

それゆえ、今回の安倍政権による対韓制裁は、日本の独自判断以上に、トランプ・ネタニヤフ政権からの要請、もっといえば追随とも推測できよう。

2021年までに「水素経済育成および水素安全管理に関する法律(以下、水素法)」を改正し、水素法上の水素基本計画における中長期普及義務の設定や、環境負荷が少なく分散型の水素発電による電力購入などを実施する。

81