騒音おばさん 今。 バスケットボールの騒音で困っています。

'90年代に大ヒットを飛ばした『My LittleLover』の楽曲ばかりだった。

テレビだろうがネットだろうが、良いときは良いし酷いときは酷いと言えるでしょう。

その家の周辺住民は、ここ数か月、満足に寝ていない。

平成17年4月、N県。

相模原障害者施設殺傷事件とは? この投稿をIns […]• ツウ」より• ラジカセで大音量で音楽を流し熱傷するのですが「東京に来た修学旅行生に東京はつまらないという印象を与えないために」行っているそう。

公正な取材など全くせず、老夫婦側の言い分ばかりを放送していた。

ネットの噂によれば、騒音おばさんと被害者夫婦とのトラブルの経緯から、本当の加害者が隣人夫婦だと知っていたた隣人夫婦は冷たくされるようになり、いづらくなって転居したと言われています。

騒音おばさんは、2002年から2005年の約2年半にわたって、24時間ラジカセで大音量の音楽を流す、大声で叫びながら布団を叩くなどの騒音を出し、隣人の被害者夫婦に頭痛や目眩などの症状を与えて通院させたとして、2005年傷害容疑で逮捕、2007年に1年8ヶ月の実刑判決を受けました。

25

たしかにこの説を採用すれば、のあのようなに対して一つの理由付けが出来る。

「自宅で安眠できなくなったので耳栓を買いました。

そのような家庭環境の中、今回被害者とされる「老夫婦」が隣に引越ししてくるわけだが、どうもこの自称被害者とされる「老夫婦」の方にこそ、今回のトラブルの原因があるのではとの疑惑が持ち上がった。

もちろん真相は不明ですが、もしもあの騒音おばさんが元は普通の好人物であったとしたら、原因となったイジメは人格すら破壊して豹変させてしまう程だった事になります。

近所の騒音から傷害、殺人事件が起きるという騒音トラブルが後を絶たない。

2005年に、加害者とされた主婦が傷害罪の容疑で逮捕されたいわゆる「奈良騒音傷害事件」である。

が、そもそもこんなこと調べようがないんですよ。

74