さん が つ ここ のか 歌詞。 お月さんいくつ(なんぼ) 歌詞の意味

15:1の圧倒的大差で「きのは」でした。 むかし、母親がいつも歌っていた歌、父親がときどき歌っていた歌、ラジオや映画やTVで聞いた歌、うれしいとき悲しいときに歌った歌、過ぎ去った子どもの頃を想う歌、遠く故郷を偲ぶ歌、去っていった人を懐かしむ歌、自分自身を励ます歌、独り淋しく歌う歌、どうしようもない怒りをぶつける歌、自然の恵みに感謝する歌、新しい誕生を祝う歌、つい最近覚えた歌、嫌いなはずなのに何故か口ずさんでしまう歌……。 まずは代表的な歌詞とYouTube動画の視聴から。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 先日、和歌山市の日野のぞみさんから「きのはのおうち」の間違いではとメールを頂き、 手持ち楽譜集等を調べてみましたら、「このは」としているものは1冊だけでした。 日野さん、ご指摘ありがとうございます。
23
レミオロメンさん『3月9日』の歌詞 サンガツココノカ words by フジマキリョウタ music by フジマキリョウタ Performed by レミオロメン. JASRAC許諾 第J190726685号. 非常に興味深い解釈だ。 小望月(こもちづき)は「子持ち」につながり、その後の歌詞「あの子を産んで この子を産んで」との親和性が高い。 c 1996 Yamaha Corporation All right reserved. お月さんいくつ(なんぼ) 歌詞の意味 あの子を産んで この子を産んで 誰に抱かしょ 『お月さんいくつ』または『お月さんなんぼ』について、歌詞の「十三 七つ」の意味・解釈と、全国各地の様々な歌詞をまとめてみたい。 比較しながら聴いてみると面白いかもしれません。 これに対し、元々の歌詞は「十三 一つ」であり、13+1=14で十四夜の月(十四日月)となり、その別名「」を意味している、との解釈もあるようだ(三重大学人文学部 文化学科研究紀要 武笠 俊一氏の説)。