福島 地震 震度。 福島・宮城の震度6強は“深い震源”だった…「アウターライズ地震」に警戒を(日本テレビ系(NNN))

詳細は「」を参照 2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分18. 市内南部が旧石巻市であり、岩手・宮城・福島では最大規模約12万人の市街地が海に面して広がっていた。

「東日本大震災を引き起こした巨大地震の余震か」 また今回の地震について「平成23年・2011年に東日本大震災を引き起こした巨大地震の余震と考えられる。

国内最大のタイヤ工場である白河工場(福島県)が破壊された。

停電によって機能停止した携帯電話は備えつけの自家発電により継続稼働させたが、停電が長時間に及んだため自家発電施設の燃料が枯渇、相次いで停波し通信サービスが停止した。

福島県の「防災・安全」のページです。

また1か月後の4月11日には、いわき市南部の井戸沢断層付近を震源とする内陸直下型地震()が発生(震度6弱)した。

羽田空港は一部の施設に損傷が確認されたものの当日中に安全が確認され再開されたが、や施設の一部に損傷が起きた成田空港の再開は12日朝に持ち越された。

16
被害が特に大きかったことから宮城県、福島県とともにとして総称される 名称 [ ] 「」も参照 発生当日(3月11日)の16時20分には、この地震 現象に対して「 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」(: The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake)とした
その場合、揺れが感じられるのは狭い範囲に限られていることが多く、すぐ近くに震度計が無ければ、震度1以上(計測震度0. 須賀川市、• (県内) 22 2005 8月16日 11:46 38度09. 引き続き注意が必要だ」と述べました 、、、、の主に西日本側の自治体の給水車が被災地へと派遣された
陸域で発生した被害地震としては、1611年の会津地震(M6.9)、1659年の田島付近の地震(M6 3/4~7.0)、1731年の桑折(こおり)付近の地震(M6.5)、1943年の田島地震(M6.2)などが知られています 3月24日6時に全区間で通行止めが解除され、一般車両の通行が可能となったが [ ]、常磐自動車道の - 間は、福島第一原子力発電所事故の旧内だが2014年2月22日3年ぶりに再開通(通行再開)した
8MB) )• マグニチュード7. 「 東北関東大震災」(とうほくかんとうだいしんさい) - 、• その後、 - 南相馬インターチェンジ間は12月6日、常磐富岡インターチェンジ-浪江インターチェンジ間もに開通し、この日をもって常磐自動車道は全線開通した また、、、、、などで市街地が浸水した
津波による面積 - 561• (伊達領で溺死者1,783人、南部、津軽で人馬の死3,000以上 地方自治体等• 【2011年4月11日福島県浜通りの地震】• 17 1987 4月 7日 09:40 37度18. は仙台市のであり、大きな幹線道路2本に沿って郊外型の大型店が建ち並んでいた
座りの悪い置物が、倒れることがある そのほか、などでも損害が出たため、東京電力の管轄する関東地方は深刻な不足に陥り、震災直後の一時期には日本国内では65年ぶりにが実施された
9 福島県沖 震度5弱 大熊 震度4 桑折 富岡 双葉 平成23 30 2011 3月11日 16:28 39度01. 9 茨城県沖 震度5 いわき 震度4 猪苗代 昭和10 小津波あり その後、 - 南相馬インターチェンジ間は12月6日、常磐富岡インターチェンジ-浪江インターチェンジ間もに開通し、この日をもって常磐自動車道は全線開通した
固定していない家具が倒れることがある 地震の混乱で道路が大渋滞しているところ、建物の間から突然津波が襲来した
その一方、野蒜地区では民間人の佐藤善文が自宅裏の岩山に10年かけて避難階段と避難小屋を作っていた 砂などの異物がに入ればを詰まらせ、有害物質が肺に入れば身体を侵し、その場合ほとんど助からなかった
神奈川県 [ ] では震災の影響で停電が相次ぎ、停電による酸素吸入装置の停止で女性1名死亡したほか、や、にて避難中などに転倒し女性2名、男性1名の死亡が確認されている 前市長であった も犠牲となった
81