会社 健康 診断。 会社の健康診断は義務なのか 健康診断の基本情報を解説

場合によっては、無料で受けられることもあるので、その場合は時間を作って必ず受けることが大切です。

しかし、逆に全額負担しなければならない場合もあるので、料金によって受けるかどうかを決める場合には、健康保険組合と会社に確認をしましょう。

有機溶剤の使用により認められる症状の有無• 尿検査(尿中の糖および蛋白(たんぱく)の有無の検査)• 以下で詳しくご紹介しているので、ご一読ください。

また、血液検査の際に腕をまくり上げることになるので、ジャケットを脱いでシャツの袖のボタンを外したりと手間がかかります。

糞便塗抹検査(帰国時に限る) 6か月以上の海外勤務をした労働者を帰国させ、国内の業務に従事させる場合にも、同様に「健康診断」が必要となります。

その義務を怠った場合は、労働安全衛生法第120条により50万円以下の罰金が科されるリスクがあることを認識しなければなりません。

とはいえ、法定外項目の受診によって異常がわかることもあるため、次年度に受けてもらうように注意はしつつ、今回は見送る形が良いでしょう。

沖縄県 8,364円 詳細な費用については、以下をご一読ください。

34

健康診断の「実施コスト」にも目を向ける必要があります。

詳しく見ていきましょう。

事業者が健康診断を実施する責任を負っている対象者は、「期間の定めをなしとしている契約者(つまり正社員)」「労働時間が通常の労働者の労働時間の4分の3以上の者(アルバイト・パートなど)」です。

しかし、受診結果の提出についても、労働安全衛生法第66条5項で定められており、従業員の都合で提出拒否はできません。

ただし、事業者の指定した医師又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合において、他の医師又は歯科医師の行なうこれらの規定による健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りでない。

しかし、法律で定められているからと言って、• 企業と直接労働契約を結んでいるかどうかも条件で、派遣スタッフのように他社と労働契約を結んでいる場合は対象外となります。

「常時使用する労働者」の条件は「1年以上使用する予定で、週の労働時間が正社員の4分の3以上」である者です。

労働安全衛生法第44条に以下のように記載されています。

法人側は労働契約に基づき、女性に対し健康診断を行ったのであるから、結果は適切な時期に知らせる義務を負っていたというべきである。

46