エリクソン 発達 課題。 エリクソンの発達段階理論 〜親密性を失ったら、待ているのは、「孤独」〜

老年期の看護をする時には、患者への看護だけではなく、家族への看護も必要不可欠です。 また、育てる対象は自分の子どもに限らず、部下や後輩なども含まれ、次の世代が向上してくることに喜びを見出します。 そうなると「基本的信頼」が自我の特性として備わるようになります。 老年期の課題とは、「過去をありのままに受容する」ことです。 とても活発な子もいて、親の手を振りほどいて走り出したり、何に対しても「イヤ」と言ったり……などは、よく聞かれる話ですね。
32
「青年期(13歳〜)」 心理社会的危機:自我同一性vs同一性の拡散 得られる要素:忠誠心 思春期である青年期は、「自分は何者であるのか」を思い悩む時期です みなさんも、「自分は何がやりたいんだろう?」「『自分らしさ』って何?」など、さまざまなことを考えた経験があるのではないでしょうか
人間の心理は、周囲の人々との相互作用を通して成長していくという考えです 成功(ポジティブ)だけではなく、不成功(ネガティブ)も体験することで学びを得られる• 乳児期に自分や人への信頼感をしっかり育めた子ほど、自律的な活動に取りかかりやすいそうです
しかしうまくできない場合、それを恥ずかしいと思い、さらにはできないことを他者に知られたくないという羞恥の思いが芽生えます そこでエリクソンは教師として活躍し、周囲の人から才能を認められ、児童分析家となりました
そうではなく、次世代を見越し、自分の経験から後輩に伝えることを考え、行動することが 「世話」となります しかし、自分は劣っているからと諦めるのではなく、負けないように自分も頑張ろうと努力することで劣等感がなくなります
もちろん、子どもを持つ皆さんにとっても有用な知識です チャイルドアートセラピー講座 ヒューマンアカデミーの「 」では、子どもが描いた絵を通して心理状態を知る方法を習得できます
「みんなは自分を助けてくれる」という気持ちです 自律性 vs 恥、疑惑 2歳~4歳 幼児前期では、「 意志」を得ることが課題です
そこで、子どもの気持ちに対する理解力の鋭さと、細やかな関係づくりの能力が高く評価されます 自分で選んだ価値観を信じ、それに対して貢献しようとすることです
92

親との会話はそれまでよりも減少しますが、気持ちはつながっていますので、温かく見守ることが大切です。

mistrust)」です。

自分の家庭を築くことが難しくなってしまうでしょう。

エリクソンのライフサイクル理論は、フロイトの人格発達理論を発展させたものです。

まとめ エリクソンの発達段階は、特にアイデンティティを発見したことで、有名ですが、それ以外の課題も成長にとって大事だと思われます。

さらに、言語能力の発達に伴い、自分の意思や欲求を他者に伝えられるようになります。

(関連記事:) まとめ 以上、「 エリクソン,E. 教室数が増えてきているため自宅の近くの教室に通うことも可能になってきており、新しい学びの機会を得ることができます。

82