古事記 で 大根 に たとえ られ た 体 の 部分 は。 「つぎねふ山城女の木鍬持ち打ちし大根」古事記の大根の和歌と短歌

帰りの船中でこれを聞かれた 磐之媛皇后は、高津宮へは戻らず、淀川から木津川をさかのぼって筒城 つつき・今の京都府綴喜郡 に着かれ、ここに宮殿を建ててお住まいになりました。

このために宮殿は荒れ宮廷の倉の蓄えも乏しくなりましたが、3年後に民のかまどの煙が多く立ち上るのを見て喜ばれたということです。 この大根は「おおね」といい、これが古い呼び方。 これは、仁徳天皇が、 山城の乙女たちが耕作した大根を掘り起こすのを見て詠んだ和歌です。 細胞一つ一つが美しい白です。 2ミリメートル程の薄さで剥いた大根を、立体的な花(・・)のように見せる「大根むき花」という民芸が、江戸時代の以来伝わっている。
63
えせものとはひどい言い方だと思うのですが、その後も大根足とか大根役者などと良くない形容に使われています。 大正・昭和期の歌人。 【 平井康三郎】 1910-2002。 大根の情趣を発見したのは俳諧といってよい。 実は、この「大根足」が表現されるようになったのは、昭和に入ってからのようで、新しい比喩表現なんだそうです。 大根にたとえられる体の部分は「大根足」ではなかった 大根にたとえられる体の部分はと聞かれると「大根足」くらいしかお思い浮かばない人は多いと思います。 その白い大根のような白い腕を枕にしていなかったのならば、私を知らないと言ってもいいだろう 白腕(シロタダムキ) の部分の「ただむき」というのは、肘から先のこと。 【 古事記】 稗田阿礼が習い覚えた神代から推古天皇までの神話や伝説を712年に太安万侶が記録したわが国最初の歴史書。 白腕(シロタダムキ) の部分の「ただむき」というのは、肘から先のことで、白い大根から、共寝した婦人の白い腕を思い出したという内容です。 一首だけで古今和歌集を語るのは 暴論に近いかもしれませんが この歌集にはそれ程「見立て」を使って 作られた歌が多く収められています。
28