桜 が 降る 夜 は。 【あいみょん/桜が降る夜は】歌詞の意味を徹底解釈!青い恋心を歌った「オオカミ」主題歌。

題して「 あいみょんパクリすぎ疑惑を検証!新曲【桜が降る夜は】と世界が終るまでは」を徹底検証してまとめました。 ---------------- 桜が降る夜は 貴方に会いたい、と思います どうして? 「あなた」の心も移り変わってしまうかもしれない。 。 つまるところ 「あなたにはそのままでいて欲しい」ということをこの歌詞で主人公は願っているのではないでしょうか。 桜が降る夜はのサビ 桜が降る夜は あなたに逢いたいと思います どうしてと聞かれても 分からないのが恋で この体ごとあなたに恋してる それだけは分かるのです 作詞: あいみょん 作曲: あいみょん あいみょんが全面的にあなたに恋をしていると歌ってくれている、、そう思うと好きにはいられなくなりますね。 恋心はゆっくり歳を取るのかもしれないです…。 あいみょんって春の曲がとても似あいますよね。
37

自分の好きな人はこの春に遠くへ行ってしまうものの、それでも関係を進めたいと思う女性の気持ちが歌われているようですね。

だけどいつかは散ってしまうと いい加減に気づきます でもあなたの心に雨は降らないで 《新しい色に染まるのは桜だけでいい》 だけど新しい色に染まった桜がやがて散ってしまい、春が終わることを主人公は知っています。

懐かしさをウリにしているだけに、90年代ソングと似通ってしまうのかもしれない。

《考えている間に春は終わる》 ここでの「春」は、単なる季節であるとともに 「青春」そのものを暗に示しているのかもしれません。

2021年3月26日放送の『ミュージックステーション』に、あいみょんが出演した所、『桜が降る夜は』がロックバンド『WANDS』の大ヒット曲『世界が終るまでは…』のパクリ?と話題になっています。

状況が変わり、「あなた」の興味から自分が消えてしまうことを主人公は恐れているのです。

彼女が今1人でいること、そして未だ相手への想いを伝えていないことがわかります。

あいみょんが歌っているからどうしても女性視点なのかなとは思いますが、男性でもあてはめることはできますね
頑張って今回も紐解いていきます 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 「4月の夜はまだ少し肌寒いね」 そう語り合う 微妙な距離の2人 どこかで聞いた噂話に悩まされて 危険な道ほど進みたくなる私 だけど 声に乗せたい気持ちが 冷たい風に流され ざわつく川沿いをなぞり歩く 桜が降る夜は 貴方に会いたい、と思います どうして?と聞かれても 分からないのが恋で この体ごと貴方に恋してる それだけは分かるのです 4月の夜に2人はもう会えないかな 遠くに見える 貴方はまるで知らない誰か 真面目な顔は好きだけど 今は見たくない 新しい色に染まるのは 桜だけでいい だけど いつかは散ってしまうと いい加減に気づきます でも貴方の心に雨は降らないで? 寂しい夜を1人 桜の花がヒラリ、踊ってる 私の味方をしてよ 心から思うこと 今伝えるべきなのか 考えている間に春は終わる 桜が降る夜は 貴方に会いたい、と思います どうして?と聞かれても 分からないのが恋で この体ごと貴方に恋してる それだけは分かるのです 「 4 gatu no yoru ha mada suko si hadasamu i ne 」 sou kata ri a u bimyou na kyori no 2 nin dokoka de ki i ta uwasabanasi ni naya ma sare te kiken na miti hodo susu mi taku naru watasi da kedo koe ni no se tai kimo ti ga tume tai kaze ni naga sa re zawatuku kawazo i wo nazori aru ku sakura ga hu ru yoru ha anata ni a i tai 、 to omo i masu dou si te ? to ki ka re te mo wa kara nai no ga koi de kono karada goto anata ni koi si teru soredake ha wa karu no desu 4 gatu no yoru ni 2 nin ha mou a e nai kana too ku ni mi eru anata ha marude si ra nai dare ka mazime na kao ha su ki da kedo ima ha mi taku nai atara sii iro ni so maru no ha sakura dake de ii da kedo ituka ha ti xtu te simau to ii kagen ni ki zuki masu demo anata no kokoro ni ame ha hu ra nai de ? sabi sii yoru wo 1 nin sakura no hana ga hirari 、 odo xtu teru watasi no mikata wo si teyo kokoro kara omo u koto ima tuta eru beki na no ka kanga e te iru aida ni haru ha o waru sakura ga hu ru yoru ha anata ni a i tai 、 to omo i masu dou si te ? to ki ka re te mo wa kara nai no ga koi de kono karada goto anata ni koi si teru soredake ha wa karu no desu. 彼女が想いを伝えたのか、2人がどうなったのかはわかりません
このサイトでは他にもあいみょん関連の楽曲を紹介しているので是非見ていってください さまざまな色に染まってゆく男女の物語とこの楽曲がどう合わさるのか
あいみょんがこの日披露したのは、最新曲の桜ソング『桜が降る夜は』
告白するか否かを悩んでいるこの間にも、桜の花は散っていきます 確かなのは、彼が遠くに行くとわかっていても、彼女は彼のことが好きであるということ
その景色は美しいものですが、同時に残酷にも時間が経過していることを意味しています 大人になってから「もう桜が散ってしまう、早く想いを伝えなければ」なんて想いに駆られることは少ないような気がします
93