未解決事件 霊視。 赤城神社主婦失踪事件の真相は?霊視結果やホームビデオの人物についても

それは、今から7年前に 発生された行方不明未解決 事件として記録に残されているとか。

しかし、有力な手掛かりは得られず。

・犯人は日本人男性。

主婦らが山に入った10分後、25歳から30歳の男性二人組が目撃されていたが、身元判明できず。

そして、既に起きていた父親の賢一さんに舞ちゃんがいないことを告げました。

厚生省技官の名刺を出しながら、「近くで集団赤痢が発生した」とのデマを騙り、銀行員ら合計16人に青酸化合物を飲ませました。

犯人死亡のまま起訴されましたが、事件の真相は闇の中のままです。

2005年に香川県の坂出市で起きた失踪事件です。

もうここまで 出てくると、当時は野外活動で 責任は全て担当の先生に入り ここ以外では、状況が理解出来ていない 一般人の方で先生陣も諦めるのであれば 「 誘拐犯? このことから舞ちゃんと 親しい人物の犯行の可能性があります。

恋人だった姪と旅行に行くはずだったのに、賢一さんに仕事を言いつけられたために旅行が中止になってしまったことが引き金になった可能性があります。

この時、1階の玄関の鍵はかけていません。

1991年10月26日、当時中学1年生の女の子が誘拐され現在も見つかっていません。

彼らには、自然災害、事件、事故などは事前に分かっています。

そして、霊能者が霊視した結果はというと、「昼も夜も関係なく男がずっと見ている」、「事件当日は雨が降っていて寒い日、黒い長袖のシャツ、濃い色のズボン、黒い布製の靴を身に付けている。

しかし、賢一さんは「明日、(玉川和弥に)聞くから心配するな」と言ったため、祖母は1階の玄関を施錠して就寝します。

平成最大の未解決事件に迫る! 2000年(平成12年)12月30日深夜、会社員の宮沢みきおさん(44=当時)一家4人が惨殺された「世田谷一家殺人事件」は、日本中を震撼させた事件として多くの人々の記憶に深く刻まれている。

96