子 宮頸 癌 検診。 子宮頸がん

子宮や卵巣の状態や大きさなどがひと目で分かると言われる骨盤腔MRI検査ですが、まだまだ一般的ではありません。
ウイルスに感染してしまったとしても検査で発見しやすく、早期発見により治療へとつなげられるため、子宮頸がんの発症まで進行することなく完治を目指すことができます 不利益としては主に偽陽性の増加を評価しました
HPV検査 子宮頸部の細胞を採取し、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しているかどうかを調べる検査です 基本的に痛みはありませんが、腟専用の細長い棒状の形をしたプローブ(探触子)と呼ばれるセンサーを腟内に挿入する際に痛みを感じる人もまれにいるようです
痛みの不安や抵抗がある人には骨盤腔MRI検査 痛みに対しどうしても耐えられない恐怖心や抵抗がある人には、「骨盤腔MRI検査」というMRIを使用した子宮頸がん検査という選択肢もあります 検診対象は30~60歳、検診間隔は5年が望ましい
子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因と考えられており、感染には性交渉が関連していると言われています 子宮頸部細胞診 腟鏡(クスコ)で膣を広げ、綿棒やブラシなどで頸部の細胞を軽くこすり、顕微鏡で確認する細胞診です
女性らしい豊かなライフステージを歩むためにも子宮頸がん検診を 女性には結婚・妊娠・出産など様々なライフイベントが待っています 女性らしい豊かなライフステージを歩むためにも子宮頸がん検診を 女性には結婚・妊娠・出産など様々なライフイベントが待っています
しかし挿入の際、痛みを強く感じる方や性交渉の経験のない女性の場合は、医師への相談次第では経直腸(肛門からプローブを挿入する)方法で検査を受けることも可能です 痛みの不安や抵抗がある人には骨盤腔MRI検査 痛みに対しどうしても耐えられない恐怖心や抵抗がある人には、「骨盤腔MRI検査」というMRIを使用した子宮頸がん検査という選択肢もあります
検診後に痛みや出血が続いたときの対応 子宮頸がん検診を受診した後、にじむような少量の出血や痛みを感じる人がいます しかし痛みがないことに加え、医師による内診なしで子宮がん、子宮頸がん、卵巣がん、子宮筋腫の発見にも役立つことから、検診の痛みが不安な人には受診を検討してもよい検査といえるでしょう
細胞診検査 従来法・液状検体法 :推奨グレードA 30~64歳での浸潤がん罹患率減少効果の確実なエビデンスがあり、65~69歳でのエビデンスも担保できる しかし挿入の際、痛みを強く感じる方や性交渉の経験のない女性の場合は、医師への相談次第では経直腸(肛門からプローブを挿入する)方法で検査を受けることも可能です
造影剤なしの場合は約8,000円~10,000円程度、造影剤ありの場合でも約12,000円~15,000円程度の費用が必要となります ただし、痛みや出血が続く、いつもの生理とは異なる腹痛や出血が起きるなどの症状があれば、早めに医療機関を受診し、医師に相談をすることが大切です
細胞診(液状検体法): 子宮頸がん死亡率減少効果を示す相応な証拠があるので、対策型検診及び任意型検診として、細胞診(液状検体法)による子宮頸がん検診を実施することを勧めます 対策型検診・任意型検診としての実施を勧めるが、わが国で統一された検診結果毎のアルゴリズムの構築が必須条件である

HPV検査を評価した研究のほとんどが死亡率減少効果を指標としていないことから、浸潤がん罹患率減少効果を利益の指標としました。

細胞診・HPV検査 併用法:推奨グレードC 浸潤がん罹患率減少効果のエビデンスがある。

検診の間隔を2~3倍に延長することが可能である。

液状検体法では不適正検体割合のバラツキが小さく更に減少が期待できる。

HPV検査 子宮頸部の細胞を採取し、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しているかどうかを調べる検査です。

腟鏡の大きさが合わない場合には、綿棒や柔らかいブラシで子宮の先(腟部、頸管)を擦るときだけ、少し痛みを感じたり、出血がある場合もありますが、恐怖心を持つ程ではありません。

これまでは推奨Aと推奨Bが、実施を推奨するものでしたが、AとBとの間で推奨の強弱がないことから、推奨Bを廃止し、推奨Aのみを実施を推奨するものとしました。

2008 38 4 : 259-267 ガイドラインの概要を英語で解説している 市民版 に掲載しています。

「有効性評価に基づく子宮頸がん検診ガイドライン」2019年度版 子宮頸がん検診ガイドライン2019年度版では、主にHPV検査単独法、細胞診・HPV検査併用法について検討しました。

検診対象は30~60歳、検診間隔は5年が望ましい。