ドロップ ダウン リスト。 ドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成する方法:Excelの基本操作

リスト項目を作り、名前を定義する リスト項目用にシートを追加し、リスト(1)とリスト(2)に表示させる選択肢を下図のような表にまとめて作成しました。

このページでは入力規則という機能を使ってドロップダウンリスト プルダウンリスト を作成する方法を説明します。

データの入力規則の[設定]タブを選択します。

ですので、このドロップダウンリスト側の設定も変更が必要になります。

引数字Target• 入力規則に関数を組み合わせることで、より扱いやすいデータを作成することができるようになります。

[データの入力規則]ダイアログでリストを設定する方法 Excelのシート上でプルダウンリストを設定したいセルを選択し、[データ]タブの[データツール]にある[データの入力規則]をクリックする。

本末転倒です! リスト化したい項目や細目が増減しても対応できる方法を紹介します。

42
ダイアログが表示されたら「設定」タブを開き、「入力値の種類」のプルダウンの中から「リスト」を選びます。 項目を入力したら、追加ボタンをマウスでクリックすると、項目一覧に表示されます。 リストにするデータに増減がないケースでは便利です。 入力の種類で「リスト」を選択します。 この表のなかで、「ユニット(職種)」と「担当者」の2か所をプルダウンで選びたい! 選んだユニットと連動して、担当者の選択肢が変わるようにしたい!とします。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 その後、プルダウンリストを設定したいセルを選択し、[データ]タブの[データツール]にある[データの入力規則]をクリックする。 [ 設定] タブをクリックし、[ 許可] のポップアップ メニューで [ リスト] をクリックします。 同じように「経理」もすべて選択して、「選択範囲の作成」から「経理」という名前を定義してみましょう。 Excel(エクセル)のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の作成方法は大きく2種類あります。
33