エドワード ヴァン ヘイレン。 エドワード・ヴァン・ヘイレンの死因は脳卒中、最後の願いが叶えられる

これら"フランク"、"フランキー"、"フランケンシュタイン"の模様について、アメリカでは商標登録が行われている。

2012年1月5日、New Yorkのcafe wha? 僕は思った。

マイケル・アンソニーは以前、ヴァン・ヘイレンのマネージメントから連絡を受けていたことを認めた上で、詳細にまで話が及ぶことはなかったことを明かしている また、バンドがアルバム完成後に週2. を引退させてからはこのギターが私のメインギターになった
君は完璧でとてつもなく優れた万能のギタリストだった」. ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする 日本公演 [ ]• ブライアン・メイ、トニー・アイオミ、メタリカ、イングヴェイ・マルムスティーン、ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)らが、10月6日に急逝したエドワード・ヴァン・ヘイレンを追悼した
彼は人々の記憶に残るよ 見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はズルいバッキングテクニックについて
当時はロックミュージシャンが動いているところなんて、ライブでも行かない限り見られなかった ポッドキャスト番組「エディ・トランク・ポッドキャスト」に出演したスティーヴ・ルカサーは、ヴァン・ヘイレンの近況について尋ねられ、次のように語っている
このアルバムの1曲目「悪魔のハイウェイ Runnin' with the Devil」(地獄じゃないの、ややこしや)のギターコードのサウンドがもう完璧だったのだ ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする 見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回は、藤岡幹大とポールの比較
「1968 Les Paul Standard」のゴールドトップが、自分で改造した最初のギターだった ちなみに、ソロ以外のギターのバッキングとリフ(及びベース)は、による演奏
9月、再来日公演 ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする
ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー 皆様、どんどん撮ってYOUTUBEにアップしてください!」という明るい女性のアナウンスで知らされるという、パーティバンドの権化のようなサービスであった
42