個人 事業 主 経費。 個人事業主が経費で落とせない10項目|確定申告要注意

52

個人事業主が経費として計上できる項目とは ここまで、個人事業主にとっての経費のメリット・デメリットについて説明してきました。

火災保険料 事務所や店舗など、事業に関係する建物の火災保険料は経費となります。

確認していきましょう。

ただし、原状回復費は経費として計上可能です。

生活と一緒になっているため計上できないと思われがちですが、 自宅の家賃も経費計上することが可能です。

持ち家の場合、住宅を持っていることで発生する金額(固定資産税、住宅ローンの利息、火災保険料など)を合計し、そこに事業で使用している比率分をかけて経費を算出します。

まとめ 経営者、役員の方にとっては、少しがっかりしたかもしれませんが、他の否認リスクのない節税方法を税理士に相談しましょう。

減価償却費 減価償却費とは、一括ではなく耐用年数に応じて分割で申告する経費のことです。

22