Nhk 有馬。 インタビューの3日後に届いた訃報 有馬朗人さんが遺したことば|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

有馬さんは、現在報道局記者主幹です 〈その翌日、報道局に一本の電話がかかってきた
受信料問題で迫る政府に逆らえないNHK 昨年9月に菅首相が就任して以来、NHKは首相が推し進める目玉政策のひとつとしてターゲットにされている どこが、国家の 統制からの自立、であり、政府から独立、なのだ
そんな有馬さんですが、お人柄だけでなく、その服装やメガネのおしゃれさでも話題を振りまいています とにかく自分の意見を言わないタイプを 改めて首相と有馬氏のやりとりを見てみると、特に突っ込んだ質問を有馬氏がしているわけではなく、見る人によってはせっかく時の宰相を呼んでいるのに物足りないなぁと映った点もあるかもしれない
私は10月26日の放送を見て、NHKを見直したのだが、結果として、こうなるのだ 「週刊現代」(講談社)2020年11月14日・21日号はこう報じている
それとは別に、有馬さんとウオッチ9の編集責任者との年次差が広がっているのを是正する必要があって、交代は官邸の意向とは無関係だと指摘する声もありますが、真相は藪の中です」 別の局員によると、 「有馬さんの後任はワシントン支局長などを務めた田中正良さんですが、かなり地味な印象がぬぐえないですよね このやり取りは、NHK局内で大きな波紋を広げた
とすれば、武田氏の大阪拠点放送局への転勤は、むしろ昇進なんじゃないか 「ニュースの後に有馬さんが受けのコメントするときすら、アドリブは許されなくなりました
17 9