憶測 類語。 「憶測・臆測」の意味と使い方、類語、「推測・予測」との違い

意味は「他人の心中をおしはかること」です。
憶測と臆測の使い分け方 結論から言うと憶測と臆測は全く同じ意味を持つ言葉なので、どちらを使っても問題はありません。 正しく推量する; 推測することによって、解決する の意• 憶測の域を出ない• ネガティブな感情よる疑念を表現するワードなので、良い意味ではまず用いられません。 壁越推量• 測り知る• 思做す• 自分の持つネガティブな感情によって、他人の言動を悪い方に疑ってしまうこと、とも言うことができるでしょう。 現代社会において「忖度する」とは「上司や目上の人の気持ちを察し、配慮する」という意味で捉えられています。 相手の気持ちがわからないとき、その人の気持ちや事情をおしはかるとき「推察」が使われます。
57
憶測の語源 「臆測」の「臆」が常用外漢字であるため、代用字として、常用漢字の「憶」を用いた「憶測」が使われるようになりました。 「忖度」は親しい間柄の相手に対して使えますが、少々堅苦しい印象がある言葉なので日常会話ではほとんど使いません。 あて推量 期待する、信じるまたは 看做す の意• 「忖度」は「相手の本心を探り出すため、気持ちや考えること」で、プラスなイメージを伴います。 まだ正式な発表はないものの、関係者は彼女は引退するのではと憶測を立てていた。 「憶測・臆測」は「深く考えず無責任に推し量る」という意味合いなので、 マイナスなイメージを伴います。 推量する」を意味します。 わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 の意• 推し計る• 壁越推量• 「憶測」とは「根拠のないいい加減な推測」 「憶測」とは「根拠のないいい加減な推測」という意味になります。
51

本当であるか、真実であるか、可能性があるか、想像する の意• 押推量• 「猜疑」は「疑ってかかること」を意味する 「猜疑(さいぎ)」とは、「相手を信用せずに疑ってかかること、妬むこと」という意味で、「猜疑心」「猜疑の目」という表現でよく用いられます。

推しあて• 決込む• 測りしる• jetpack-image-container:after,. 測り知る• 不完全な証拠から推論する の意• 推し計る• 二つ目の臆測を使った分かりやすい例としては、「彼女の主張が臆測でしかありません」「臆測でものを言う人は信用されなくなる」「彼はこの大会で引退するのではないかと臆測が飛び交っている」などがあります。

言葉を正しく使うためには、意味をしっかりと覚える必要があります。

推し計る• 測り知る• 「想像」は「その人の考えや直感によって、制限を設けることなく思い巡らすこと」です。

思做す• 思做す• 世論調査や薬品の効用の調査、品質管理など多岐にわたって利用されています。

「憶測・臆測」は現実的であるのに対して、「想像」は現実的なことから非現実的なことも表します。

「憶」は「物事を推し量ること」を意味します。

売られている家具を見て、ある空間に収まるか目測する。

きっちりと正しいかは分からないが、ある程度の距離や長さなどを見た感じではかるという場合に「目測」を使います。

「目測」の意味は 「目分量でおおよその長さ・広さ・高さをはかること」です。

65