俺ガイル ss 退学。 八幡「いい加減にしろよ!!」 雪乃「ひっ……」【俺ガイルss/アニメss】

まったく・・・ 八幡「さてお次は奉仕部か・・・」 こういうことは早めが良い 雪ノ下雪乃
この舐めた作文は何だ? 一応くらいは聞いてやる」 「ひ、ひや、俺はと活を振り返ってよ? 近ごろのいこんな感じじゃないでしゅか! だいたい合ってよ!」 「こういうはのをだろう」 「だったらそう前置きしておいてください 冷やかしにきたのなら出て行ってもらえるかしら?」 嘘だろう・・・こんなはずはないだろう・・・おまえはいつだって・・・ 「雪乃ちゃん、誰?」ヒソヒソ 雪乃「さあ知らないわ
中二病が俺のキャッチャーフライに名前とかつけてたな 忘れたのかよ俺だ
最初は口うるさかった先生や雪ノ下も、次第に何も言わなくなった ・・・あいつならこういうだろうな・・・比企谷くん、ついに頭がおかしくなったのね
446• 八幡 なぜか今までなかった戸部、相模があった 78 ID:MyCBSsZy0 友達ほしいが実現し、 彼女ほしいが実現し、 リア充爆発しろが実現し、 材木座は中二病ではなく 相模からも恨まれていない
いつもブスッっとして不良みたいだったのに 56 ID:X5PXHCen0 相模「も、もしかしてうちと夜遅くまで電話してたせいかな・・・?」アセアセ 八幡 夜遅くまで電話だと? 俺と相模が? 「い、いやー そんなことはないけど」 相模「そう
友達がいる いや,それだけではない
38
次に行くのは,ずっとお世話になったベストプレイスだ。 あの世界では腐りきった根性を叩きなおすという理由で奉仕部に放り込まれたが そもそも腐りきった根性の俺は奉仕部の活動に殆ど参加しなかった。 メアドには残っていたしそもそも担任だから何らかのつきあいはあるだろう。 目が合うたびに罵声を浴びせ 俺がしゃべると罵声を浴びせる。 145件のビュー• ってこの話前にしたくない?」 八幡「えっ? あっ?そうだっけか~」 相模「したよ。 うん」相模「しれっと口にするなっ!」パシッ ま、まさかこんな掛け合いを相模とする日がくるとは・・・・・・ 戸塚「ハハハ・・・・・・八幡大丈夫?」 八幡「ああなんとかな」 戸部「さっ八幡きたし食うぞ食うぞー」 戸塚「だね~」 相模「あっわたしも。 そこで,俺は相模に言葉を浴びせ,泣かせ,そしてこの退学につながった。 27 雪ノ下「大丈夫よ、すぐに楽にしてあげるわ」 雪ノ下「安心してちょうだい、貴方が望んだこと」 雪ノ下「しっかり私が叶えてあげるわ」 八幡「おい! やめろ!」 雪ノ下「私の手で・・・しっかりと責任を取って・・・」 雪ノ下「今度は・・・私が比企谷君を助けてあげなければ・・・」 八幡「やめろぉぉぉぉぉぉぉっ!!」 雪ノ下「比企谷君・・・今までありがとう・・・」 雪ノ下「さようなら」 バァン! ていうかお前コートはどうした? 指ぬきグローブも」 材木座「・・・・・・八幡だっけ? そんな名前の知り合いはいないよ」 八幡「ていうか今日はどうした? いつもみたいに言ってくれよホラ 我は剣豪将軍材木座義輝だあ!ってさ」 材木座「君はどうして僕の名前を知っているのかな?」 八幡「だからあああ!」 友「よしてるー? どしたー?」 友「はやく飯くおーぜ!」 材木座「ああ。
65
おおかたの人間関係は分かってきた 24 ID:EQfQbRrE0 雪ノ下「ふぅ…」 戸塚「お疲れ雪ノ下さん!」 雪ノ下「戸塚さん、どうしたのかしら?」 戸塚「んーん、頑張ってるから声かけちゃった」 雪ノ下「いえ、私は特に何も…」 戸塚「そんなことないよ、雪ノ下さんが来てからここも随分変わったもん」 戸塚「実はね…ホビー課は最近かなり不調なんだ」 雪ノ下「…?」 戸塚「この会社はおもちゃが有名なのは知ってる?」 雪ノ下「ええ、そう聞いていたのだけれど」 戸塚「最初はね、八幡と一緒だったんだ」 戸塚「…けど、八幡が事業を拡大するにつれてだんだんこことは疎遠になっちゃって」 戸塚「今まで八幡が出してきた奇抜な発想が僕たちには出来なくってここ数年ヒット商品を出してないんだ…」 雪ノ下「そう…」 227: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
だからぼっちだったし しゃべったことないし」 えーまじですかー 葉山ー おまえ何があったんだー 三浦「戸部くんは比企谷くんの友達でしょ! あたしに聞いてもしゃーないっての 」ユビサキビシッ 海老名はともかく三浦が変わりすぎて
業務連絡にしてもちょっと想像できん 人気記事• だからいろいろ教えてくれ小町」 小町「・・・お兄ちゃん・・・? なにかあったのかな?・・・」 八幡「・・・別になんもねー
体育でいつもペアくんでるだろ」 材木座「・・・・・・すまない そんなやりとりを幾度も繰り返してきた
27 ID:X5PXHCen0 八幡 考えたくはなかったが・・・ 八幡 相模はあのとき、俺が傷つけたはずだ 06 ID:MyCBSsZy0 お次は平塚先生か
ご飯を作って帰りを待つって経験も必要じゃないか 72 ID:6DnWfAJG0 八幡「よ、よしあけるぞ
03 ID:6DnWfAJG0 八幡「おーいおーい!待て!待ってくれ!」シュバッ ダダダダダッ 間違いない 541件のビュー• なんか面白くってさあ」ハハハ 相模「テレビもいいけど、寝ないとダメだよ」 八幡「そ、そうだよなー 夜更かしは控えようか」 補足: 毒を飲んだのは文化祭終了直後
ただ、今の雪ノ下はなんか怯えてるような」 八幡「逆に距離が開いたような……」 小町「距離?」 八幡「な、なんでもねぇよ! とにかく、あれじゃ俺の方がやりにくい」 小町「へぇ~」ニヤニヤ 八幡(なんとかして元に戻さないとな)ガラ 雪ノ下「……」 八幡「お、おっす」 雪ノ下「っ……」 雪ノ下(な、何か言うのよ……あくまでも普通に) 雪ノ下「お、遅かったのね」 八幡「先生に呼ばれてたからな」 雪ノ下「またにかしたの?」 八幡「俺は悪くねぇよ 71 ID:X5PXHCen0 中庭~ 相模「おいしーね八幡」パクパク 八幡「そ、そーだな」 三浦達の陰に隠れて気づかなかったけど相模って意外と・・・ 八幡「いつも自分で作ってるのか? 弁当?」 相模「うんそーだよ!うちの母さん朝早いんだ
82