色覚 障害。 色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法

31
専門機関紹介 は発達障害児(者)への支援を総合的に行うことを目的とした、頼れる専門的機関です。 板書は子供たちにとって、授業の内容を整理して理解し、考えるために、とても大切です。 でも、検査をするとすぐに分かるといいます。 緑一色などの色で揃える手は苦手。 そのため、黒板に書いた文字が「子供たちに、見えていなかった」としたら、子供たちにとっても、先生にとっても、大きな問題です。 2型2色覚:30%• 白い雪に覆われた大地と青い空 青を強調した写真やイラストは、特に刺激を受けるのです。 ・彩度の低い色どうしの組み合わせは避けます。 ・晴れているのか、曇っているのか天気がわかりづらい。 色の認識の間違いが危険につながることもあります。 これもまた混乱の原因となります。
40