西成 マザー テレサ。 大阪西成女医不審死事件の真相と犯人!矢島祥子医師(被害者)の経歴・兄弟など家族も総まとめ

笑 ふつうの人じゃすぐに抹殺される。 5
第一発見者は2人いて、1人はくろかわ診療所の向かいのマンションに住んでおり、もう1人は西成警察署近くのゲームセンターに勤務していた人物だった。 警察の闇は深いです。 2012年、不審火によるアパート火災で死亡。 勿論それは大阪府警も暗に認めているからこそ再捜査に応じたのだろう。 しかし、2年半後の2009年11月13日、矢島祥子医師の水死体が見つかったのでした。 一方、警察が遺書と判断した絵ハガキもおかしいところがありました。 一家は裕福であったが父母は心に篤く、貧しい人への施しを積極的に行っていた。
11
1987年の夏祭りの日、私はしかと見た。 この小道を入れば監視に映らない可能性もあるが、この日の矢島さんは移動にを使っていた。 1987年8月に聞いた話) テント 三角公園の西側に沿った道を少し北へ行くと道の両側に常設の屋台小屋が並んでいる。 10月• 01月• 大阪西成女医不審死事件 事件発生日:2009年11月14~15日ごろ 遺体発見日:2009年11月16日 被害者:矢島祥子 死因:窒息 犯人:不明 大阪西成女医不審死事件は2009年11月14日に 医師の矢島祥子さんが行方不明になり、11月16日午前1時20分ごろに、大阪市の千本松渡船場で遺体となって発見された事件です。 これが実は真実ではなく、彼らの背後に控える人間に対するプラフだったとも考える事は出来なくはない。 この臓器売買ビジネスに関しては警察も関係しているのではないか?という黒い噂です。 それと同時にある団体の嘱託医を下りた。
66