光 四 字 熟語。 「光」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。

意味 全員で力を合わせて、物事に取り組むこと。

53
外面と内面の、優れた質が調和していることを意味しているのです。 転じて、品格があり、人並みはずれて優れていることを意味するようにもなりました。 勧める=「すすめる」と読み、そのような気持ちになるよう心を向けさせる。 四字熟語を知る時に、まずは見た目から入る人も少なくないと思います。 言葉の持つ美しい趣を感じとってください。 しっかりと自分で行動をおこすこと。 2辛苦艱難(しんくかんなん):辛く苦しい中でも悩みながら苦労し続けること• 知っているだけでは何も意味をなさず、何かしらの行動をしてはじめて知識として意味をなすということ。 8一所懸命(いっしょけんめい):諦めないで命がけで物事に取り組む様子のこと• phonetics and meanings of japanese structures and expressions. 四字熟語 意味 意気軒昂 いきけんこう 気持ちが昂って盛んである様子 意気衝天 いきしょうてん 天を突きあげるほど、意気込みが盛んであること 訓読:意気天を衝く(いきてんをつく) 一気呵成 いっきかせい 文章を一息で完成させること。 また、美人そのものを表す言葉でもあります。
35
5精神一到(せいしんいっとう):物事に対して集中して努力することで困難も乗り越えられる• 「勇気」という言葉や「凛々」という響きが心地いいこの言葉。 昔の日本ではこの日を「一陽来復」と言い、冬至を境にして良い運が訪れると考えられてきました。 ・豪宕俊逸(ごうとうしゅんいつ):とても優れた才能の持ち主で、豪快な性格で小さいことに拘らない人。 明るい未来を願い、希望が持てる四字熟語を集めました。 「自分の置かれている状況や状態に関わらず、苦心して勉学に励むこと」という意味があります。 真心と礼儀を忘れずに人と接することを思い出させてくれる、素敵な四字熟語です。 その一説は、「誰か君王に進めて、馬首を回らし、真に一擲を成して乾坤をかける」です。 四海兄弟の気持ちを持つことは身近な人間関係でも大切。 ぜひご覧ください。
50