フロン 回収 資格。 冷媒フロン類取扱技術者制度/一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構

また,申請に当たっては,新規登録申請,更新登録申請ともに登録申請手数料5,000円が必要となります。

破壊しようとするフロン類の種類を減少させるもの• 第2種は600V以下で受電する一般電気工作物のみ。

今後の開催日程など詳細につきましては、JRECOホームページ(冷媒回収推進・技術センター(RRC)のページ)をご覧ください。
名称はとなっております 5kW以上の場合は、有資格者による定期点検を行う必要がございます
神奈川県、東京都内を中心に、融資格者による安全確実な作業を実施していますが、その他の地域にも対応していますのでお気軽にご相談下さい 容器が20リットル以下であり、合計が40リットル以下である場合は「微量」とされ、ほとんどのフロンガスは不活性ガスであるため、以下に該当します
RRC登録冷媒回収技術者資格が『第二種冷媒フロン類取扱技術者』資格に自動移行するということは、ありません その紙を見れば対処方法や緊急時の連絡先などがわかればいいのです
業務用冷凍空調機器の据付、点検・保守サービスに携わる冷熱技術者の方は、ぜひ今後の資格取得をご検討下さいますようお願い申し上げます 資格を継続する場合、3年ごとの更新手続きが必要となります
ご参考までに 許可の更新は5年ごとに行う必要があり、主務大臣に対して許可申請と同様の申請をする必要があります
) (注4) 5の変更を伴わない場合,届出は不要です 不活性ガスであっても高圧ガスを運搬する場合、運送車7級に該当し、B(油)-1以上の能力を持った粉末消火剤を一個以上携行する必要があります
75
(2)ご来庁の上,申請窓口(県庁環境保全課)にて現金納付してください。 使用場所や使用用途ではなく、その機器が業務用として製造・販売されたかどうかで判断されます。 『RRC登録 冷媒回収技術者』の資格を保有している場合、業務用冷凍空調機器の保守サービスの実務経験が1年以上あれば、 『第二種冷媒フロン類取扱技術者』資格を受講受験することができます。 高圧ガス保安法違反で最高30万の罰金が課せられます。 フロン漏えい時の対処について もしフロン類が漏えいしていたとき、管理者は可能な限りすみやかに漏えい箇所を特定し修繕を行う必要があります。 変更の届出が必要な場合• 高圧ガス保安法 一般高圧ガス保安規則 イエローカード携行が必要となる法的根拠 高圧ガス輸送のきまり 高圧ガス運送基準及び同解説 なお、専門家ではないため、後はご自分で調べる、又は専門の機関に質問したほうが良いかと思います。 (資格有効期限は登録年月日により異なりますが、3年後の3月31日または9月30日となります。 なお,Bの資格をお持ちで,「充填に必要となる知識等の習得を伴う講習(注)」を受講していない場合,「実務経験申立書」により実務経験及び受講予定の旨を申し立て,Bの資格証の写しと併せて提出してください。 日頃の業務において、業務用冷凍空調機器についてフロンの回収だけでなく、フロンの充塡・回収・点検を行う冷熱技術者の方は、今後の資格取得をご検討下さい。
(例えば、結婚されて名前が変わった等) ・再交付申請料は、5,200円(税込)です。 3 RRC認定冷媒回収技術者登録講習会 この講習会を受講し、資格登録試験に合格した者について、JRECOが、「RRC登録冷媒回収技術者」として認定するものです。 郵送またはFAXにてご提出ください。 センターでは、このための講習プログラム、教材を作成、インストラクターを養成し、全国で開催される講習会を支援、冷媒回収技術の普及に努めるとともに、RRC登録冷媒回収技術者の養成を行っております。 (登録(更新)申請書に添付した書類は省略できます。
88