お の ころ 心平。 【おのころ流】アトピーの考察 « パーソナル健康学|おのころ心平

84
腰周辺の筋肉の異常収縮が原因で 骨がずれてしまうのです カラダや頭が疲れると、 甘いものが欲しくなりませんか? そういう時は血糖値が下がって いるときです
「不調を感じたら医者にいく」のではなく、ピッタリあったケアを自分自身でしてあげることが重要です アトピーの方って、本当に能力があるのに、 能力を集中しようという時に限って、 かゆみが増し、集中を妨げられる
アトピーの事をある程度ご存知なら 「ステロイドは恐い!」と言われますけど 僕は使い方の問題だと思っています 1999年に独立し、株式会社ウォーターソリューションを設立
本セミナーをお申込みの方には、 毎日のセルフケアにお役立ていただけるメルマガに登録させていただきます 急激にブームが起こり、 急激に覚めてしまう社会
その際は、customer naturepower. しかし、ココロとカラダがつながっているなら、 カラダからアプローチすることで、あなたの心の感情をケアしてあげることができるということです 知らず知らずのうちに病気になってしまうこともなくなります
ところが、さっきも書いたように 脳や筋肉で「急激に」ブドウ糖が 消費されると、低血糖の状態になります あなたもよくご存知かと思います
血糖とは、 血液中のブドウ糖という意味 火種とは、不満です
少しずつ、徐々に使うのが、 1番よくないのではないか? 使うときは一気にお世話になって、 やめ時をはっきりさせる 「とにかく現場に通用するカウンセリング!」をモットーに、東洋哲学、チベット医学体質論、アーユルヴェーダ、シュタイナー医学、ケイシー・リーディング、スピリチュアル生理学、色彩心理学など多岐に渡る知識を、クライアントさんへのカウンセリングに応用
74