呪術 138。 呪術廻戦138話ネタバレ!禪院直哉の狂気!|虎杖と脹相

禪院家相伝の術式は複数あり、それぞれにランクがある。

禪院家としては、血が繋がっていて相伝の術式を使える伏黒恵の存在は、後継者としては第一候補だったのでしょうね。 それを聞いた直哉は怒りを露にするが扇と甚壱は直哉よりマシだとなにもしない。 東京は呪霊わんさかいるのに、東京以外に住んでいる呪術師はあんまり切羽詰まっていないのか? 東京大変なことになってるのにやっぱり始まった内輪揉め。 やめてくれ~~~ はーお辛いすぎる。 禪院直哉(ぜんいんなおや)は、兄がいると語っていますが、登場していませんね。 禪院直毘人(なおびと)が遺言状で、禪院直哉(ぜんいんなおや)を次の当主としていることから、上記の2つの条件は満たしているはずです。
20

禪院直毘人(なおびと)の実の娘である禪院真希も当主になると言って家を出ていました。

ただあの時点では失敗してるので、今になって契約を履行してるのは直毘人の粋な計らいなのかもしれません。

そして禪院家の呪物を継承している当主の 禪院直哉。

落花の情が御三家のみに伝わっていたのもその例。

さらに、禪院甚壱(ぜんいんじんいち)の娘もいると書かれています。

クズ男といえど可哀そうじゃ 伏黒を当主にするという遺言を聞いた扇と甚壱くんは、 それでも直哉くんが当主になるよりはいいとして納得したご様子。

コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• これからどういうポジションになるのか…。

むしろ虎杖は、脹相こそ自分と居ていいのかと尋ねる。

父が生死をさまよっている時に何をしていたのでしょうか。

39 19